韓国で大ヒットしたドラマ「あなたが眠っている間に」第21話のあらすじと視聴した感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」の主な登場人物

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)
ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の新人検事。ナム・ホンジュと関わるようになって予知夢を見るようになる。
ナム・ホンジュ(ペ・スジ)
SBC・社会部の敏腕記者。未来に起こる出来事を予知夢で見る女性。
ハン・ウタク(チョン・へイン)
正義感溢れるエリート警察官。チョン・ジェチャンとナム・ホンジュに関わることになって頻繁に予知夢を見るようになる

「あなたが眠っている間に」第21話のあらすじ

点滴連続殺人事件で共犯者または真犯人が存在する可能性が高まった。

そのため、ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部では点滴連続殺人事件の再捜査を始めた。

検察に歩調を合わせるようにSBC・社会部でも点滴連続殺人事件についての取材を始めた。

点滴連続殺人事件の再捜査が始まったことでイ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)の携帯電話に正体不明の人物から脅迫メールが届くようになった。

点滴連続殺人事件の担当検事は当時検事だったイ・ユボム(イ・サンヨプ)なのだ。

当時、点滴連続殺人事件の捜査は難航していた。

捜査線上にミョン・イソクが浮上していたが、決定的な証拠が見つかっていなかった。

そこで、事件の担当検事だったイ・ユボム(イ・サンヨプ)は、証拠をねつ造し、ミョン・イソクを犯人に仕立て上げてしまったのだ。

「再捜査によって真犯人が見つかれば、証拠をねつ造したことがバレてしまう。」

焦ったイ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)は、自らの事務所に脅迫メールを送り付けてきた人物を呼び出す。

深夜、イ・ユボム(イ・サンヨプ)の事務所に現れたのは、意外な人物だった。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」第21話の感想

夜にたった1人でイ・ユボム(イ・サンヨプ)の事務所に訪れるナム・ホンジュ(ペ・スジ)は、軽率ですね。

とても『記者として死ぬ』予知夢を見ている人物とは思えません。

イ・ユボム(イ・サンヨプ)も短絡的ですね。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)を殺したところで点滴連続殺人事件の真相究明から逃れることはできないでしょうに。

「あなたが眠っている間に」第21話の見どころ

点滴連続殺人事件の真犯人を名乗る人物とイ・ユボム(イ・サンヨプ)が対峙するシーン

いつもは冷静沈着で自信満々のイ・ユボム(イ・サンヨプ)が冷静さを失います。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)が夜にイ・ユボム(イ・サンヨプ)の事務所を訪れるシーン

降水確率5%だったのにも関わらず、雨が降り出します。このシチュエーションは・・・。