韓国で大ヒットしたドラマ「あなたが眠っている間に」第17話のあらすじと視聴した感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」の主な登場人物

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)
ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の新人検事。ナム・ホンジュと関わるようになって予知夢を見るようになる。
ナム・ホンジュ(ペ・スジ)
SBC・社会部の敏腕記者。未来に起こる出来事を予知夢で見る女性。
ハン・ウタク(チョン・へイン)
正義感溢れるエリート警察官。チョン・ジェチャンとナム・ホンジュに関わることになって頻繁に予知夢を見るようになる

「あなたが眠っている間に」第17話のあらすじ

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が療養を終え、職場に復帰した。

復帰早々に依頼された仕事は、脳死状態のイ・ファン氏(ムン・テミン教授の助教)の検視だ。

イ・ファン氏が事故死であるなら、脳死判定されて、即日7人の患者に臓器提供が行われる予定だった。

しかし、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、臓器提供を承認しなかった。

検視の結果、他殺の疑いが出てきたからだ。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が行った検視を受け、ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部では緊急会議が行われた。

その席でイ・ファン氏(ムン・テミン教授の助教)を解剖すべきか否かで検事たちの意見は割れた。

そこで、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、刑事第3部・部長に驚くべき提案を行う。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が刑事第3部・部長に行った驚くべき提案とは?

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」第17話の感想

ムン・テミン教授に奴隷のように扱われたあげく、脳死状態にされたイ・ファン助教があまりにも不憫(ふびん)です。

イ・ファン助教本人、イ・ファン助教の父親の無念を晴らすためにムン・テミン教授を厳罰に処さなければなりません。

反省のかけらもなく、自らの保身ばかりに走るムン・テミン教授も呆れるばかりです。

このような人物が大学で教鞭をとり、ベストセラー作家であるとは何たることでしょう。

ムン・テミン教授の罪を知りながら、報酬に目がくらみムン・テミン教授を無罪に導こうとするイ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)も同罪です。

イ・ユボム(イ・サンヨプ)という男は一体何のために弁護士になったのでしょう?

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)も危険な賭けに出ました。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)の賭けは吉と出るか凶と出るか?

「あなたが眠っている間に」第17話の見どころ

ムン・テミン被告の裁判シーン

主任検事のチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)と弁護人のイ・ユボム(イ・サンヨプ)が法廷で直接対決します。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)の母親が第16話から急にチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)に冷たくなります。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)に急に冷たくなった理由が明かされます。