韓国で大ヒットしたドラマ「あなたが眠っている間に」第15話のあらすじと視聴した感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」の主な登場人物

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)
ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の新人検事。ナム・ホンジュと関わるようになって予知夢を見るようになる。
ナム・ホンジュ(ペ・スジ)
SBC・社会部の敏腕記者。未来に起こる出来事を予知夢で見る女性。
ハン・ウタク(チョン・へイン)
正義感溢れるエリート警察官。誰にも知られてはいけない秘密を持っている。

「あなたが眠っている間に」第15話のあらすじ

銃弾を受けたチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)の回復は早かった。

集中治療室から一般病棟に移り、歩くことも可能になっていた。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、お見舞いに訪れたナム・ホンジュ(ペ・スジ)に13年前の父親の葬儀の際、「君に会っている。」と告げた。

しかし、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)は「覚えていない。」と答えるのだった。

納得がいかないチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、再びナム・ホンジュ(ペ・スジ)に13年前のことを尋ねる。

すると、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)は、「13年前のあなたは今も消えない傷痕なの。」と答えるのだった。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)の言葉を聞いたチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、自分を撃ったユ・マノ氏(ユ・スギョン選手の父親)のもとに向かった。

そして、ユ・マノ氏に「娘さんは誰からも愛されていた。だから、他殺を排除しました。」と告げるのだった。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」第15話の感想

見どころの多い15話でした。

中でも感動的だったのがチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が自分を狙撃したユ・マノ氏の病室を訪れるシーンです。

当初、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、自分を狙撃したユ・マノ氏を責めるつもりでしたが、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)の言葉を聞いて、態度を転じます。

怒りに任せて取った行動は良い結果を生まないということでしょうか。

「あなたが眠っている間に」第15話の見どころ

第15話は見どころが盛りだくさんです。

ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁でのイ・ユボム(イ・サンヨプ)とハン・ウタク(チョン・へイン)の聴取シーン

ユ・マノ氏(ユ・スギョン選手の父親)の発砲事件の発端となったのがイ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)の行動ですが、イ・ユボムに悪びれた様子は微塵もありません。

病院でチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)がナム・ホンジュ(ペ・スジ)と間違えてムン・ヒョンミ実務官に抱きつくシーン

その様子をナム・ホンジュ(ペ・スジ)が見ていてから、さぁ~大変。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が自分を狙撃したユ・マノ氏の病室を訪れるシーン

目頭が熱くなるシーンです。

雨の中、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が傘もささずにあてもなくナム・ホンジュ(ペ・スジ)を捜すシーン

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)が見た夢のシーンとシンクロして美しいシーンです。