韓国で大ヒットしたドラマ「あなたが眠っている間に」第14話のあらすじと視聴した感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」の主な登場人物

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)
ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の新人検事。ナム・ホンジュと関わるようになって予知夢を見るようになる。
ナム・ホンジュ(ペ・スジ)
SBC・社会部の敏腕記者。未来に起こる出来事を予知夢で見る女性。
ハン・ウタク(チョン・へイン)
正義感溢れるエリート警察官。ナム・ホンジュに思いを寄せている。

「あなたが眠っている間に」第14話のあらすじ

ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁は、ト・ハギョン容疑者を不起訴処分にし、捜査を打ち切った。

SBC・社会部記者のナム・ホンジュ(ペ・スジ)は、テレビでユ・スギョン選手の死が他殺ではなく、事故死であることを報じた。

また、血のついたロボット掃除機が発見されたことで検察への批判の声も収まりつつあった。

事件の真相を報じるナム・ホンジュ(ペ・スジ)の次の一言「怒りは判断を鈍らせました。」にチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)はハッとした。

「少年時代の自分の命を救ってくれたのは、少女時代のナム・ホンジュ(ペ・スジ)だ!」と気づいたからだ。

そして、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)の夢を見るのは「彼女が命の恩人だから?」とも思うのだった。

その頃、ト・ハギョン容疑者の不起訴処分が不服なイ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)は、ユ・マノ氏(ユ・スギョン選手の父親)にデタラメな情報を吹き込んでいた。

それは、「チョン・ジェチャンが友人のよしみでト・ハギョンを不起訴にした。」というものだった。

イ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)の言葉を真に受けた、ユ・マノ氏(ユ・スギョン選手の父親)は、思いもよらぬ行動に打って出るのだった。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」第14話の感想

まったくイ・ユボム(イ・サンヨプ)は、余計なことをしますねぇ~。

あんなことを遺族に伝えたら、遺族がどんな行動に出るか分かりそうなものです。

チョン・ジェチャンが死の淵を彷徨っていたというのに“いけしゃあしゃあ”としています。

ろくな死に方しませんよ。

ト・ハギョンが知るハン・ウタク(チョン・へイン)の秘密も気になりますねぇ~。

劇中、ト・ハギョンはハン・ウタクに「秘密は守るから、警察は辞めるな。あれは幸運だ。誤解が生んだ幸運。」と意味深な言葉をかけていました。

「あなたが眠っている間に」第14話の見どころ

ユ・マノ氏(ユ・スギョン選手の父親)の凶行でチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が瀕死の重傷を負い、救急救命を受けるシーン

死の淵を彷徨うチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)と彼の生還を祈るナム・ホンジュ(ペ・スジ)が過去のシーンを絡めて壮絶に描かれています。