韓国で大ヒットしたドラマ「あなたが眠っている間に」第12話のあらすじと視聴した感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」の主な登場人物

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)
ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の新人検事。ナム・ホンジュと関わるようになって予知夢を見るようになる。
ナム・ホンジュ(ペ・スジ)
SBC・社会部の敏腕記者。未来に起こる出来事を予知夢で見る女性。
ハン・ウタク(チョン・へイン)
正義感溢れるエリート警察官。ナム・ホンジュに思いを寄せている。

「あなたが眠っている間に」第12話のあらすじ

アーチェリーの金メダリスト・ユ・スギョン選手が自宅マンションで死亡した事件でハン・ウタク(チョン・へイン)が参考人として検察に呼ばれた。

殺人の嫌疑がかかるト・ハギョン容疑者に自首を勧めたのがハン・ウタク(チョン・へイン)だったからだ。

ハン・ウタク(チョン・へイン)は、ト・ハギョン容疑者の高校の同級生でルームメートでもあった。

そして、ハン・ウタク(チョン・へイン)の参考人聴取を行うのがチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)だ。

ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の検事全員も隣室から聴取の様子を傍聴した。

ハン・ウタク(チョン・へイン)の参考人聴取からト・ハギョン容疑者がユ・スギョン選手を殺害した決定的証拠は見つからなかった。

そればかりか、ト・ハギョン容疑者を犯人と断定できない点がいくつも見つかった。

結局、ト・ハギョン容疑者は、証拠不十分で釈放された。

ト・ハギョン容疑者が釈放された日、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)は、人生で最悪の夢を見てしまうのだった。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」第12話の感想

「予断をもって物事を見てはいけないなぁ~。」と痛感させられる話しでした。

防犯カメラの映像、容疑者の過去の犯罪歴など、ト・ハギョン容疑者が犯人だと思わせる要素はたくさんありました。

しかし、多面的に見ると、ト・ハギョン容疑者が無実だと思わせる要素もたくさんあったのです。

今後の日常生活の中でも「予断をもって物事を見てはいけない。」という良い指針になりました。

ト・ハギョン容疑者が釈放されたことで、ユ・スギョン選手遺族の告訴代理人を務めるイ・ユボム弁護士(イ・サンヨプ)が反撃に出るようです。

世論を扇動してト・ハギョン容疑者を犯人に仕立て上げるつもりのようですが、どうなりますか?

それにナム・ホンジュ(ペ・スジ)の夢の内容が以前見た夢と180度変わってしまいました。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)は、人生最悪の夢が現実にならないようにどんな行動に出るのでしょうか?

「あなたが眠っている間に」第12話の見どころ

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)が参考人のハン・ウタク(チョン・へイン)を取り調べるシーン

ハン・ウタク(チョン・へイン)が無実を主張する旧友を強力に援護します。

主任検事のチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)がト・ハギョン容疑者を不起訴にしたことでナム・ホンジュ(ペ・スジ)の予知夢が変わってしまいました。

人生最高の甘い夢から人生最悪の夢へと変化した夢の内容とは?