韓国で大ヒットしたドラマ「あなたが眠っている間に」第6話のあらすじと視聴した感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」の主な登場人物

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)
ソウル漢江(ハンガン)地方検察庁・刑事第3部の新人検事。ナム・ホンジュと出会ってから予知夢を見るようになる。
ナム・ホンジュ(ペ・スジ)
未来に起こる出来事を予知夢で見る女性。ジェチャンと出会ってから予知夢が外れることも。
ハン・ウタク(チョン・へイン)
正義感溢れるエリート警察官。チョン・ジェチャンに命を救われ、恩義を感じている。ジェチャンとホンジュに出会ってから予知夢を頻繁に見るようになる。
チョン・スンウォン(シン・ジェハ)
チョン・ジェチャンの弟。高校3年生。
パク・ソユン(キム・ソヒョン)
チョン・スンウォンの高校の同級生。天才ピアニスト。

「あなたが眠っている間に」第6話のあらすじ

パク・チュンモ(パク・ソユンの父親)を検察庁に呼んで取り調べを行う日を迎えた。

チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)は、3日間ほとんど寝ずに事件を調べ、万全の体制で取り調べに臨もうとしていた。

しかし、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)は、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)がパク・チュンモ(パク・ソユンの父親)を起訴できない夢を見ていた。

一方、ハン・ウタク(チョン・へイン)は、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)がパク・チュンモ(パク・ソユンの父親)を起訴する夢を見ていた。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)とハン・ウタク(チョン・へイン)は、双方の夢を確認し合い、一点だけ相違点を見つけた。

それは、パク・チュンモ(パク・ソユンの父親)の取り調べをチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)自身が行ったか、チェ・ダムドン捜査官(キム・ウォネ)が行ったか、だった。

チェ・ダムドン捜査官(キム・ウォネ)が取り調べを行った場合は、パク・チュンモ(パク・ソユンの父親)の起訴に成功していたのだ。

そこで、ナム・ホンジュ(ペ・スジ)とハン・ウタク(チョン・へイン)は、チョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)に「パク・チュンモの取り調べはチェ・ダムドン捜査官に任せろ!」と告げるのだった。

「あなたが眠っている間に」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「あなたが眠っている間に」第6話の感想

またまた“夢のお告げ”によって運命を変えてしまいました。

運命を変えたことで未来がどう変わっていくのでしょう?

今回でパク・ソユン(キム・ソヒョン)家族の問題は一件落着し、「めでたし、めでたし」となりました。

一見、物語が終焉してもおかしくないような展開です。次話以降で新たな展開が見られるのでしょうか?

「あなたが眠っている間に」第6話の見どころ

パク・チュンモ(パク・ソユンの父親)を検察庁に呼んで取り調べを行うシーン

不起訴に傾いていましたが、ある事をきっかけに状況は一変。胸がすく展開になります。

パク・チュンモ(パク・ソユンの父親)の起訴に成功したチョン・ジェチャン(イ・ジョンソク)をナム・ホンジュ(ペ・スジ)が労う(ねぎらう)シーンも見どころ。

ナム・ホンジュ(ペ・スジ)がとても可愛いです。

夜桜の花びらが散る中、抱擁する2人はどうなってしまうのでしょうか?