韓国で最高視聴率41.6%を記録した大ヒットドラマ「太陽の末裔」第20話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくご紹介します。

さらに「太陽の末裔」の動画(日本語字幕版)全話を無料で見る“とっておき”の方法もご紹介します。

太陽の末裔の主な登場人物

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)
韓国陸軍・特殊戦司令部大尉 アルファチームチーム長
ソ・デヨン(チン・グ)
韓国陸軍・特殊戦司令部先任上士 アルファチーム副チーム長
カン・モヨン(ソン・ヘギョ)
医師(胸部外科専門医)。ヘソン病院 救急室勤務。
ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)
韓国陸軍・軍医(整形外科専門医)・中尉

太陽の末裔 第20話のあらすじ

ソ・デヨン(チン・グ)は、ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)と交際・結婚するため、退役志願書を軍に提出した。

一方のユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)も父親である特殊戦司令部・司令官のユン中将(カン・シニル)にソ・デヨン(チン・グ)が軍を辞めないで済むように頼み込んでいた。

お互いがお互いのことを思っての行動だったが、2人ともそれが気に入らなかった。

話し合いの結果、ソ・デヨン(チン・グ)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)は別れる決断を下すのだった。

そんな中、第2次南北会談が木曜13時に迫っていた。

韓国軍は、会場の狙撃ポイントを監視し、周辺の警戒にあたることになった。

特殊戦司令部・アルファチーム・チーム長のユ・シジン(ソン・ジュンギ)は、リハーサルと現場の指揮を任されることになった。

そして、リハーサルの最中に“事件”は起きた。

休暇中と話していた北朝鮮軍のアン・ジョンジュン上尉がユ・シジン(ソン・ジュンギ)とソ・デヨン(チン・グ)の目の前に現れたのだ。

「味方を信じられず、友を訪ねてきた。北に行かせてくれ!」と謎の言葉を吐くアン・ジョンジュン上尉。

そこへ正体不明の武装集団が現れ、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とアン・ジョンジュン上尉は銃撃を受ける。

瀕死の重傷を負ったユ・シジン(ソン・ジュンギ)とアン・ジョンジュン上尉は、ヘソン病院へ救急搬送された。

意識不明・血だらけの状態のユ・シジン(ソン・ジュンギ)を見たカン・モヨン(ソン・ヘギョ)は、絶句するのだった。

太陽の末裔 第20話の感想

さすがに太陽の末裔です。このまま平穏にストーリーが完結には向かいません。

今回も怒涛の展開が待ち受けていました。

武装集団から銃撃を受け、死の淵をさまよっていたユ・シジン(ソン・ジュンギ)がほどなくピンピンしているのが不思議です。

アーガスから銃撃を受けた時と同様です。

やはり、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)は、不滅のスーパーマンだからでしょうか?

太陽の末裔 第20話の見どころ

正体不明の武装集団とユ・シジン(ソン・ジュンギ)、ソ・デヨン(チン・グ)との激しい銃撃戦が展開されます。

そして、その銃撃戦でユ・シジン(ソン・ジュンギ)が瀕死の重傷を負うのですが、必死の救護活動をするカン・モヨン(ソン・ヘギョ)の姿が印象的です。

北朝鮮から密入国したアン・ジョンジュン上尉の目的は何なのか?

もう一波乱、二波乱ありそうです。