韓国で最高視聴率41.6%を記録した大ヒットドラマ「太陽の末裔」第14話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくご紹介します。

さらに「太陽の末裔」の動画(日本語字幕版)全話を無料で見る“とっておき”の方法もご紹介します。

太陽の末裔の主な登場人物

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)
韓国陸軍・特殊戦司令部大尉 アルファチームチーム長、ウルクのテベク部隊所属のモウル中隊・中隊長
ソ・デヨン(チン・グ)
韓国陸軍・特殊戦司令部先任上士 アルファチーム副チーム長
カン・モヨン(ソン・ヘギョ)
医師(胸部外科専門医)。ヘソン病院勤務。ウルク医療奉仕団チーム長
ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)
韓国陸軍・軍医(整形外科専門医)。ウルクのテベク部隊・派兵軍医官・中尉

太陽の末裔 第14話のあらすじ

特殊戦司令部・司令官のユン中将(カン・シニル)がウルクを電撃訪問した。

ユン中将(カン・シニル)は、テベク部隊本陣の執務室にユ・シジン(ソン・ジュンギ)、ソ・デヨン(チン・グ)、ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)の3人を呼びつける。

そして、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とソ・デヨン(チン・グ)の2人に娘であるユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)のことをどう思っているか尋ねた。

娘であるユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)の婿にユ・シジン(ソン・ジュンギ)を、との思いが強いユン中将(カン・シニル)だったが、

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)から「娘さんを女性として見たことはない。」と伝えられ、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)を婿にすることを断念する。

晴れてユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)との交際を認められたソ・デヨン(チン・グ)だったが、交際・結婚を許す代わりに『ある条件』を突きつけられるのだった。

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)は、ふとしたことから『はしか』に感染していると思われる少年を発見する。

感染を防ぐため、『はしか』感染の疑いがある少年の住む村に向かった2人。

だが、少年の住む村は、戦災孤児の村でギャングが管理する“お化け村”だった。

太陽の末裔 第14話の感想

ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)と交際・結婚をするためには“究極の選択”をしなければならないソ・デヨン(チン・グ)。

彼はどうのような決断を下すのか?

元米軍少佐・アーガスも落ちぶれたものだ。武器密売人にとどまらず人身売買にまで手を染めていたとは!

軍人として英雄視されていたアーガスがなぜ極悪人になってしまったのか?

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)も一歩間違えたら、「アーガスのようになってしまうのか?」と考えさせられた。

太陽の末裔 第14話の見どころ

“お化け村”でユ・シジン(ソン・ジュンギ)と武器密売人のアーガスが対峙するシーン。 

村に住む少女が取った行動から瀕死の重症を負ってしまうアーガス。

アーガスが死ぬことで助かる人は大勢いるが、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)はどんな行動に出るのか?

そして、韓国からソ・デヨン(チン・グ)の妹(?)を名乗る女性からテベク部隊・モウル中隊駐屯地に小包が届くシーン

慌てふためくユ・シジン(ソン・ジュンギ)とソ・デヨン(チン・グ)。そして、いきり出すユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)。

一人っ子のはずのソ・デヨン(チン・グ)に小包を送ってきた女性の正体は?