韓国で最高視聴率41.6%を記録した大ヒットドラマ「太陽の末裔」第11話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくご紹介します。

さらに「太陽の末裔」の動画(日本語字幕版)全話を無料で見る“とっておき”の方法もご紹介します。

太陽の末裔の主な登場人物

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)
韓国陸軍・特殊戦司令部大尉 アルファチームチーム長、ウルクのテベク部隊所属のモウル中隊・中隊長
ソ・デヨン(チン・グ)
韓国陸軍・特殊戦司令部先任上士 アルファチーム副チーム長
カン・モヨン(ソン・ヘギョ)
医師(胸部外科専門医)。ヘソン病院勤務。ウルク医療奉仕団チーム長
ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)
韓国陸軍・軍医(整形外科専門医)。ウルクのテベク部隊・派兵軍医官・中尉

太陽の末裔 第11話のあらすじ

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)は、亡くなった方や負傷した方に思いを馳せ、涙にくれるのだった。

モウル発電所の倒壊現場での死者は18名、負傷者は41名、行方不明者は3名を数えていた。

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)も救助作業の際、左肩にケガを負っていた。

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)からケガの手当を受けるユ・シジン(ソン・ジュンギ)。

手当の最中、カン・モヨン(ソン・ヘギョ)への思いを断ち切れないと本音を吐露するユ・シジン(ソン・ジュンギ)。

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)もまた「戻ってきてくれてありがとう。あなたがいなかったら逃げ出していたかも。」と応じるのだった。

翌日、モウル発電所の倒壊現場では行方不明者3名の捜索が再開された。

テベク部隊と医療チームは建物内部に分け入り、西側の地下3Fで1名の生存者を発見する。

しかし、余震が発生し、テベク部隊と医療チームの身にも危険が及ぶのだった。

太陽の末裔 第11話の感想

今まで“本心”をひた隠しにしてきたソ・デヨン(チン・グ)がユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)に本心を告白するシーンが良かったです。

今までユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)、ソ・デヨン(チン・グ)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)の恋の行方にばかりに目を奪われてきましたが、

第11話では、ソン・サンヒョン(イ・スンジュン)とハ・ジャエ(ソ・ジョンヨン)の中年2人の恋(?)の行方も気になってきました。

ソン・サンヒョン(イ・スンジュン)の思いは、ハ・ジャエ(ソ・ジョンヨン)に届くのでしょうか?

太陽の末裔 第11話の見どころ

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)、ソ・デヨン(チン・グ)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)の2組がお互いの気持ちを確かめ合うシーンが見どころになります。

特に今まで本心をひた隠しにしてきたソ・デヨン(チン・グ)がユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)に本心を告白するシーンに注目です。