韓国で最高視聴率41.6%を記録した大ヒットドラマ「太陽の末裔」第9話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくご紹介します。

さらに「太陽の末裔」の動画(日本語字幕版)全話を無料で見る“とっておき”の方法もご紹介します。

太陽の末裔 主な登場人物

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)
韓国陸軍・特殊戦司令部大尉 アルファチームチーム長、ウルクのテベク部隊所属のモウル中隊・中隊長
ソ・デヨン(チン・グ)
韓国陸軍・特殊戦司令部先任上士 アルファチーム副チーム長
カン・モヨン(ソン・ヘギョ)
医師(胸部外科専門医)。ヘソン病院勤務。ウルク医療奉仕団チーム長
ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)
韓国陸軍・軍医(整形外科専門医)。ウルクのテベク部隊・派兵軍医官・中尉

太陽の末裔 第9話のあらすじ

本国(韓国)に戻って休暇を過ごすユ・シジン(ソン・ジュンギ)だったが、カン・モヨン(ソン・ヘギョ)への思いを断ち切れずにいた。

そして、カン・モヨン(ソン・ヘギョ)もまたユ・シジン(ソン・ジュンギ)のことを忘れられずにいた。

そんな中、ヘソン病院・医療奉仕団が韓国に帰国する日にウルクで巨大地震が発生。

震源地はテベク部隊やメディキューブ野戦病院があるモウル。

韓国でもウルクで巨大地震が発生したニュースが報じられた。

早速、大統領官邸では救援チーム派遣についての緊急会議が行われ、特殊戦司令部の精鋭部隊が現地に向かうことになった。

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とソ・デヨン(チン・グ)も精鋭部隊に名を連らねていた。

ウルクではメディキューブ野戦病院の医療奉仕団、モウル中隊兵士の全員の無事が確認された。

しかし、モウル発電所が倒壊し、多数の死傷者が出た模様。

ヘソン病院・医療奉仕団が倒壊したモウル発電所に救護に向かったところ、そこは想像を絶する惨状が広がっていた。

太陽の末裔 第9話の感想

特殊戦司令部の救援部隊が発電所倒壊現場に颯爽(さっそう)と現れるシーンがシビレます。

ハリウッド映画さながらのカッコ良さで、女性ならゾクゾクっとしてしまうのではないでしょうか。

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)、ソ・デヨン(チン・グ)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)が生存を確認し合うシーンも良かったです。

それに災害現場で患者の分類(救護の優先順位)をしなければいけないシーンも感動的でした。

太陽の末裔 第9話の見どころ

見どころの多い第9話。まさに全編が見どころとも言えます。

中でも、ウルクでの巨大地震発生のシーンはCG(コンピューターグラフィック)が用いられ、大迫力で描かれています。

ハリウッドのパニック映画も顔負けの迫力です。

さらに倒壊した発電所に特殊戦司令部の精鋭部隊が駆けつけるシーンは鳥肌ものです。