韓国で最高視聴率41.6%を記録した大ヒットドラマ「太陽の末裔」第8話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくご紹介します。

さらに「太陽の末裔」の動画(日本語字幕版)全話を無料で見る“とっておき”の方法もご紹介します。

太陽の末裔 主な登場人物

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)
韓国陸軍・特殊戦司令部大尉 アルファチームチーム長、ウルクのテベク部隊所属のモウル中隊・中隊長
ソ・デヨン(チン・グ)
韓国陸軍・特殊戦司令部先任上士 アルファチーム副チーム長
カン・モヨン(ソン・ヘギョ)
医師(胸部外科専門医)。ヘソン病院勤務。ウルク医療奉仕団チーム長
ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)
韓国陸軍・軍医(整形外科専門医)。ウルクのテベク部隊・派兵軍医官・中尉

太陽の末裔 第8話のあらすじ

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)は、父親の退役式に出席するために数日後に帰国することになっていた。

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)は、数日後に帰国することをカン・モヨン(ソン・ヘギョ)に話そうとするが、カン・モヨン(ソン・ヘギョ)に拒絶されてしまう。

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)は、前日にユ・シジン(ソン・ジュンギ)とユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)が親しげに話す姿を見て、やきもちを焼いているのだ。

その際、ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)は、「先輩(ユ・シジン)と結婚するためにモウル中隊に来ました!」と冗談もとばしていた。

結局、カン・モヨン(ソン・ヘギョ)は、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)の送別会の準備が進んでいるのを見て、ユ・シジン(ソン・ジュンギ)が帰国することを知ることになる。

帰国の夜に2人で話すことになったユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)。

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)は、「先日キスしたことを謝りますか?それとも告白しますか?」と尋ねる。

それに対するカン・モヨン(ソン・ヘギョ)の答えは・・・?

太陽の末裔 第8話の感想

離れ離れになる2組のカップルの恋愛模様が描かれており、切なくなります。

男同士の熱い友情も良いですね。

それに女の恨みというのも相当根が深いですね。

初恋の先輩を奪ったユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)をいまだにカン・モヨン(ソン・ヘギョ)を恨んでいるようです。

太陽の末裔 第8話の見どころ

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)とカン・モヨン(ソン・ヘギョ)の別れのシーンです。

バッグに流れる切ないラブソングと相まって涙を誘うシーンになっています。

また、部下や後輩から必死で逃げるソ・デヨン(チン・グ)とユ・シジン(ソン・ジュンギ)のシーン

韓国(特殊戦司令部)に戻り、鬼教官として部下を厳しく教育していたソ・デヨン(チン・グ) 。

そのため、部下からは“殺したい”ほど憎まれていました。

「外で会ったら、いつでも相手をしてやる!」とソ・デヨン(チン・グ)が部下に言い放った一言から大変な事態に。

帰国したユ・シジン(ソン・ジュンギ)と酒場で飲んでいたソ・デヨン(チン・グ)は、部下に見つかり、袋叩きに遭いそうに・・・。

上官であるユ・シジン(ソン・ジュンギ)が下官のソ・デヨン(チン・グ)に敬語を使っている理由も第8話で判明します。