アジアのトップスター、チャン・グンソクが天才詐欺師とエリート検事の1人2役を演じた韓国ドラマ「スイッチ~君と世界を変える~」が話題です。

今回は「スイッチ~君と世界を変える~」第2話のあらすじと視聴した感想、見どころをネタバレを交えて詳しくお伝えします。

「スイッチ~君と世界を変える~」予告編

https://youtu.be/3us7XDnIrW4

「スイッチ~君と世界を変える~」主な登場人物

サ・ドチャン(チャン・グンソク)
30歳、IQ168の天才詐欺師。被害を受けても通報できない相手に詐欺を働いて消えるため前科なし。瓜二つのソウル中央地検・刑事6部のぺク・ジュンス検事の代役を演じることになるが・・・。
ぺク・ジュンス(チャン・グンソク)
32歳、ソウル中央地検・刑事6部検事。命を狙われる堅物エリート検事。
オ・ハラ(ハン・イェリ)
元ヤンキーの熱血検事。不良だった高校時代、窃盗の疑いを晴らしてくれたジュンスに憧れを抱き、猛勉強の末に同じ検事となった。

第2話「ひそかに そして危うく」あらすじ

オ・ハラ検事(ハン・イェリ)を見事に出し抜いたサ・ドチャン(チャン・グンソク)は、詐欺団の仲間たちとモルディブに向かおうとしていた。

しかし、携帯電話のGPS追跡で居所を把握されていたサ・ドチャン(チャン・グンソク)は、空港であえなく“御用”となった。

検察の取調室に連れて来られたサ・ドチャン(チャン・グンソク)は、「スペイン文化館で入手した“ブツ”を出せ!」とオ・ハラ検事(ハン・イェリ)に厳しい追及を受けた。

「箱の中身は空っぽだった。」と答えるサ・ドチャン(チャン・グンソク)だったが、オ・ハラ検事(ハン・イェリ)は信じるはずもなかった。

しかし、ナム・スンテから電話が入り、“ブツ”はナム・スンテ自身が持っていることが分かった。

犯罪組織から追われているナム・スンテは「“潜伏資金”が必要だ!」として、1憶ウォンと“ブツ”の交換を要求してきた。

1週間後にナム・スンテと取引することになったオ・ハラ検事(ハン・イェリ)は、再びサ・ドチャン(チャン・グンソク)にぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)の代役を依頼した。

オ・ハラ検事(ハン・イェリ)の依頼を断るサ・ドチャン(チャン・グンソク)だったが、詐欺団の仲間を“人質”にとられ、渋々オ・ハラ検事(ハン・イェリ)の依頼を受けるのだった。

こうして、サ・ドチャン(チャン・グンソク)は、意識不明のぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)の代役をさらに1週間演じることになるのだが・・・。

第2話「ひそかに そして危うく」見どころ

①間違われた男

交通事故を装ってぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)を殺そうとした謎の犯罪組織の代表がぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)が生きていることを知ってしまいます。

再び命を狙われることになるぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)。

謎の犯罪組織が「ぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)が生きている。」と勘違いしたのは、サ・ドチャン(チャン・グンソク)がぺク・ジュンス検事の代役を演じていたからでした。

ぺク・ジュンス検事の代役を演じるサ・ドチャン(チャン・グンソク)の身に危機が迫ります。

②“ブツ”の正体

ソウル中央地検・刑事6部と謎の犯罪組織が激しい争奪戦を繰り広げる“ブツ”。

第1話では“ブツ”が何なのかがはっきりしませんでしたが、“ブツ”の正体が判明します。

③ペク・ジュンスになりすますサ・ドチャン

仲間を人質に取られたサ・ドチャン(チャン・グンソク)は、意識不明のぺク・ジュンス検事(チャン・グンソクの1人2役)の代役として1週間、ソウル中央地検・刑事6部に出勤することになります。

同僚から「ぺク検事は人が変わったようだ・・・。」と怪しまれながらも勤務を続けるサ・ドチャン(チャン・グンソク)でしたが・・・。

④ナナクラブに潜入するサ・ドチャン

妊婦が麻薬の運び屋をしていることを知ったサ・ドチャン(チャン・グンソク)は、一芝居を打ち、麻薬の密売を行っている疑いのあるナナクラブに潜入します。

麻薬密売の証拠をつかみかけたサ・ドチャン(チャン・グンソク)でしたが、捕らわれの身となり、命を狙われます。

サ・ドチャン(チャン・グンソク)はなぜ命を狙われたのか?そして、絶対絶命のサ・ドチャン(チャン・グンソク)はどうなってしまうのか?

第2話「ひそかに そして危うく」感想

謎の犯罪組織(おそらく麻薬密売組織)から命を狙われたぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)は、法律スレスレまたは法を犯して捜査をしていたようです。

だからこそ、犯罪組織から命を狙われたのでしょう。

オ・ハラ検事(ハン・イェリ)の頼みでぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)の代役を演じていたサ・ドチャン(チャン・グンソク)も災難でした。

ぺク・ジュンス検事(チャン・グンソク)と間違われて命を狙われたのですから・・・。

謎の犯罪組織は政治家とも繋がっているようです。

「あるある」の展開ですが、今後どうなっていきますか?

巨大犯罪組織を相手に逃げ回っていたナム・スンテが何者なのかも気になります。