2018年NO.1ときめきラブ・コメディと評される「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」第11話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」主な登場人物

コ・ドンマン(パク・ソジュン)
学生時代はテコンドーの国体選手。10年のブランクを経て、格闘家デビューを果たす。エラとは20年来の“親友”。
チェ・エラ(キム・ジウォン)
幼少時代からアナウンサーになる夢を持っている。デパートの受付嬢を辞め、アナウンサーを目指し就活に励んでいる。
キム・ジュマン(アン・ジェホン)
絶対味覚を生かしてテレビ通販会社の食品の購買担当の仕事をしている。ソリと6年間交際している。
ぺク・ソリ(ソン・ハユン)
高校時代に良性賢母になる夢を持っていた。現在はジュマンと同じ会社(テレビ通販会社)のテレフォン・オペレーターをしている。

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~第11話のあらすじ

エラ(キム・ジウォン)は、『義人の会』が開催されるヘンジントンに向かった。

パク・ムビン(チェ・ウシク)の同僚医師から「ムビンは、いつも義人の会で1人だから、肩身の狭い思いをしている。」と聞かされていたからだ。

エラ(キム・ジウォン)が『義人の会』が開催されるホテルの玄関でパク・ムビン(チェ・ウシク)を待っていると、パク・ムビン(チェ・ウシク)が1人の女性を同伴して現れた。

驚くエラ(キム・ジウォン)。

なんと、パク・ムビン(チェ・ウシク)が同伴した女性は、パク・ムビン(チェ・ウシク)の婚約者(日本人)だというのだ。

「婚約者(日本人)と別れるつもりはない。君は、韓国での恋人。」と驚きの言葉を口にするパク・ムビン(チェ・ウシク)。

エラ(キム・ジウォン)は、パク・ムビン(チェ・ウシク)からもらった高価な靴を蹴ちらし、捨てゼリフを吐いて裸足でその場を去った。

ドンマン(パク・ソジュン)も高校時代の彼女(チャン・ボラン)と偶然再会し、パク・ムビン(チェ・ウシク)の“クズ男”ぶりを聞かされた。

慌ててエラ(キム・ジウォン)のもとに向かうドンマン(パク・ソジュン)。

エラ(キム・ジウォン)を見つけたドンマン(パク・ソジュン)は、悲嘆にくれるエラ(キム・ジウォン)を優しく抱きしめた。

すると、エラ(キム・ジウォン)の口から驚きの言葉が飛び出すのだった。

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~第11話の感想

いやぁ~パク・ムビン(チェ・ウシク)には参りました。

あんな純朴そうな顔して、とんでもない“裏の顔”を持っていました。

「人を簡単に信用してはいけないなぁ~。」と心の底から思いました。

ドンマン(パク・ソジュン)の鈍感ぶりも目を覆うばかりです。

そして、ナミル・ヴィラ(ドンマンたちが住むアパート)の大家ファン・ボクヒ(チン・ヒギョン)がジャンホ道場(ドンマンがトレーニングを積む道場)が入居する建物を買い取ったようです。

ファン・ボクヒ(チン・ヒギョン)の狙いは何なんでしょうか?

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~第11話の見どころ

パク・ムビン(チェ・ウシク)に裏切られ、悲嘆にくれるエラ(キム・ジウォン)をドンマン(パク・ソジュン)が慰めるシーン

エラ(キム・ジウォン)の口から驚きの言葉が飛び出します。

それと、ドンマン(パク・ソジュン)が軍隊に入隊する直前のエピソードシーンも見どころ。

美女2人を泣かすドンマン(パク・ソジュン)は、罪つくりな男です。

さらにジュマン(アン・ジェホン)とソリ(ソン・ハユン)が密会する会議室に会社の同僚たちが入室しようとするシーンも見もの。

まさに危機一髪。2人はどうやって窮地を乗り越えるのでしょうか?