2018年NO.1ときめきラブ・コメディと評される「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」第4話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」主な登場人物

コ・ドンマン(パク・ソジュン)
学生時代にテコンドー選手として名を馳せたが、現在はダニ駆除会社の社員をしている。エラとは20年来の“親友”。
チェ・エラ(キム・ジウォン)
アナウンサーになる夢を果たせず、現在はデパート受付係の仕事をしている。
キム・ジュマン(アン・ジェホン)
絶対味覚を生かしてテレビ通販会社の食品の購買担当の仕事をしている。ソリと6年間交際している。
ぺク・ソリ(ソン・ハユン)
高校時代に良性賢母になる夢を持っていた。現在はジュマンと同じ会社(テレビ通販会社)のテレフォン・オペレーターをしている。

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~第4話のあらすじ

デパートの受付壌をやっているエラ(キム・ジウォン)にチャンスが訪れた。

デパートの館内アナウンサーが結婚のために3ヵ月も休職することになり、代役が必要になったのだ。

早速、キム秘書に取り入って、館内アナウンサーの代役(臨時)に就くことに成功したエラ(キム・ジウォン)。

代役(臨時)とはいえ、念願だった館内アナウンサーになったエラ(キム・ジウォン)は充実感でいっぱいだった。

しかし、そんなエラ(キム・ジウォン)をつけ狙う男の影が・・・。

デパートでの勤務を終え、夜道を歩いているエラ(キム・ジウォン)を後ろから執拗に追いかけてくる男がいたのだ。

「先日のドアミラーを壊した医者の1人に違いない!」と確信したエラ(キム・ジウォン)は、持っていたバッグで男を袋叩きにする。

しかし、その男は意外な人物だった。

一方、「好きなことをして生きなきゃダメね!」というエラ(キム・ジウォン)の言葉に触発されたドンマン(パク・ソジュン)も行動を起こしていた。

テコンドーの元コーチ・ファン・ジャンホ(キム・ソンオ)のもとを訪れ、「格闘技は稼げますか?格闘技でずっと食っていけますか?」と尋ねるドンマン(パク・ソジュン)。

ドンマン(パク・ソジュン)は、単純に「好きだから、格闘技をやる!」という理由だけで選手に復帰することはしたくなかったのだ。

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」全話(1話~24話)のあらすじ はこちら

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~第4話の感想

有名アナウンサーのパク・ヘラン(イ・エリア)が“うだつの上がらない”ドンマン(パク・ソジュン)にご執心なのは何故なんでしょう?

パク・ヘラン(イ・エリア)からの電話をかたくなに着信拒否するドンマン(パク・ソジュン)も何故でしょう?

過去に2人がどのように出会い、どのように別れることになったのか興味が尽きません。

ドンマン(パク・ソジュン)とエラ(キム・ジウォン)が諦めかけた夢に再チャレンジする“きっかけ”を掴んだ回でした。

このまま夢に向かってまっしぐらに突き進めばいいですね。

ドンマン(パク・ソジュン)やエラ(キム・ジウォン)が住むアパートの屋上(ナミル・バー)からの景色は素晴らしいですね。

こんな場所で夜な夜な飲めたら、サイコーですね。

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~第4話の見どころ

有名アナウンサーでドンマンの元カノ・パク・ヘラン(イ・エリア)とエラ(キム・ジウォン)が軽食店(食堂)で対峙するシーン

町の軽食店(食堂)に似つかわしくない優雅なパク・ヘラン(イ・エリア)とエラ(キム・ジウォン)の対決は見もの。

通販番組の収録中にのどを詰まらせたソリ(ソン・ハユン)をジュマン(アン・ジェホン)が必死に救うシーンも見どころ。

無駄の無い動きと的確な対処でソリ(ソン・ハユン)を救います。愛の深さを感じます。

ソリ(ソン・ハユン)が去った後、アパートの屋上(ナミル・バー)で横になるドンマン(パク・ソジュン)とエラ(キム・ジウォン)のシーンも見どころ。

お互いを異性として意識し始める様子が描かれています。