「太陽の末裔」の脚本家・キム・ウォンソクが仕掛けるロマンティック・スパイアクション「マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~」第19話のあらすじ、感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します!

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

「マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~」主要キャスト

キム・ソル(パク・へジン)
国家情報院のゴースト要員(身分を偽り、黒幕として暗躍する諜報員)。コードネームは『K』 。言語、武術、学問などあらゆる方面で優れた能力や知識を併せ持つ。
チャ・ドハ(キム・ミンジョン)
ヨ・ウングァンが所属する芸能事務所の室長兼マネージャー。自身もウングァンの大ファン。
ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)
スタントマン出身のアクション俳優(韓流スター)。代表作は「ダークデス」。
イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)
特捜部検事で国家情報院の元諜報員。K(キム・ソル)の活動を強力にサポート。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第19話のあらすじ

K(キム・ソル)は、ソンサンの秘密倉庫から消えたビデオテープを捜し続けていた。

そんな中、議員辞職に追い込まれた白蛇団(ぺクサダン)の長・ぺク元議員が最後の悪あがきを続けていた。

ぺク元議員は、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)に財団理事長の座を譲り渡すよう申し入れたのだ。

しかし、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)は、その申し出に応じなかった。

そこで、ぺク元議員は、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)の一人息子(ジェヨン)を誘拐し、財団理事長の座とソンサングループの乗っ取り(株式の51%取得)を企てた。

しかし、ぺク元議員の悪企みは、K(キム・ソル)側に筒抜けだった。

K(キム・ソル)は、この機会にぺク元議員を罠にはめて捕まえようと考えた。

まんまとK(キム・ソル)の罠にはまったぺク元議員は、誘拐罪で警察に逮捕された。

そして、K(キム・ソル)は、ソン・ミウン(ソンサングループ社長の妻)からモ・ビョンド(モ・スンジェの祖父、ソンサングループ名誉会長)の遺言状を預かった。

モ・ビョンド(モ・スンジェの祖父)の遺言状は、手書きで書かれた紙1枚のシンプルなものだった。

K(キム・ソル)が調べたところ、モ・ビョンド(モ・スンジェの祖父)の遺言状には特別な処理を施した形跡がなかった。

遺言状の短い文章の中から消えたビデオテープの謎を解いたK(キム・ソル)は、ある場所に向かうのだった。

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第19話の感想

チャ・ミョンソク(チャ・ドハの父親)お手柄でした。

彼の活躍もあってぺク元議員の悪企みを事前に察知して、罠にはめることに成功しました。

初めてじゃないですかね!チャ・ミョンソク(チャ・ドハの父親)が役に立ったのは。

モ・スンジェ(ソンサングループ社長)の一人息子(ジェヨン)を誘拐から救った成功報酬としてまんまと3体目の木彫り像を入手したK(キム・ソル)も見事です。

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)からの“指令”「3体目の木彫り像を入手せよ!」というミッションをクリアしたことで現金のUS500万ドルが宙に浮きます。

このUS500万ドルの使い道はどうなるのでしょう?

国家情報院を退職したチャン・テホ元チーム長が今回は全く登場しませんでした。

このまま二度と登場しないとは思えないのですが・・・。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第19話の見どころ

K(キム・ソル)がぺク元議員を罠にはめ、完全にぺク元議員の息の根を止めます

チャ・ミョンソク(チャ・ドハの父親)、イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)、ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)との連携プレーも見事でした。

ついにK(キム・ソル)が(ソンサンの秘密倉庫から)消えたビデオテープのありかを発見しました。

果たして、K(キム・ソル)は消えたビデオテープを入手し、作戦を終了させることができるのでしょうか?