「太陽の末裔」の脚本家・キム・ウォンソクが仕掛けるロマンティック・スパイアクション「マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~」第12話のあらすじ、感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します!

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

「マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~」主要キャスト

キム・ソル(パク・へジン)
国家情報院のゴースト要員(身分を偽り、黒幕として暗躍する諜報員)。コードネームは『K』 。言語、武術、学問などあらゆる方面で優れた能力や知識を併せ持つ。
チャ・ドハ(キム・ミンジョン)
ヨ・ウングァンが所属する芸能事務所の室長兼マネージャー。自身もウングァンの大ファン。
ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)
スタントマン出身のアクション俳優(韓流スター)。代表作は「ダークデス」。
イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)
特捜部検事で国家情報院の元諜報員。K(キム・ソル)の活動を強力にサポート。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第12話のあらすじ

チャン・テホ チーム長がチーム長の職を解かれ、イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)がでっちあげの受託収賄罪で警察に捕まっていた。

すべてはモ・スンジェ(ソンサングループ社長)の差し金(さしがね)だ。

チャン・テホ チーム長がチーム長の職を解かれたことでゴースト要員の活動費の口座も凍結されてしまった。

「このままではオークション作戦が遂行できなくなる!」と焦るK(キム・ソル)。

オークション作戦を遂行するためには最低でもUS500万ドルが必要だったのだ。

困ったK(キム・ソル)は、ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)にUS500万ドルの貸与を申し出る。

「国のため、ドハのためなら!」と躊躇しながらもUS500万ドルを貸すことを承諾するヨ・ウングァン(パク・ソンウン)。

「キムガードは信用できない!担保を取ろう!」と言い出すチャ・ドハ(キム・ミンジョン)。

US500万ドルを貸す代わりにチャ・ドハ(キム・ミンジョン)がK(キム・ソル)に突き付けた条件(担保)は以下のようなものだった。

「キムガードとしてウングァンを密着警護すること、いつどこで何をするか報告すること、隠し事は厳禁」

「黙って消えたら写真付きでK(キム・ソル)を報道させる」という付帯条件まで付いていた。

こうして、オークション作戦が決行された。

ブラックオークションは、ブルーホテルでのアジア投資フォーラムの中で行われる。

アジア投資フォーラムを隠れ蓑に「ブラックオークション」が行われるのだ。

K(キム・ソル)は、“面が割れている”ため、ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)とチャ・ドハ(キム・ミンジョン)がアジア投資フォーラムに出席することになった。

K(キム・ソル)は、ホテルの地下駐車場から2人に指示を送る手はずだ。

警察を脱走したソ・ギチョル(国家情報院を裏切った元ゴースト要員)も変装してホテルに潜入し、何か“事を起こそう”と画策していた。

「ブラックオークション」がスタートし、「木彫りの半跏思惟像」のオークションが始まった。

US80万ドルからスタートしたオークションは、どんどん値を上げていき、軍資金の上限であるUS500万ドルに迫ろうとしていた。

「木彫りの半跏思惟像」落札危うし・・・。

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第12話の感想

ソ・ギチョル(国家情報院を裏切った元ゴースト要員)が警察から脱走しました。

ぺク議員に「チャンスをくれ!像を手に入れ、Kも始末する。」と連絡してきましたが、果たして本心はどうか?

ぺク議員に復讐する気ではないでしょうか?

ソン・ミウン(ソンサングループ社長夫人)が別れも告げずにヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のもとを去った理由も分かりました。

おそらく、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)にヨ・ウングァン(パク・ソンウン)が殺されてしまうと考えたからでしょう。

オークションが進むにつれ、「木彫りの半跏思惟像」の落札が危うくなってきました。

ここでK(キム・ソル)は“奥の手”を繰り出すようです。

果たしてどんな“奥の手”を繰り出すのでしょうか?

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第12話の見どころ

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)がK(キム・ソル)を伴って、銀行でUS500万ドルを送金するシーン

銀行の行員役でソン・ジュンギが友情出演しています。パク・へジンとソン・ジュンギのイケメン2ショットに女性は歓喜することでしょう。

何とかUS500万ドルを貸さないで済むよう往生際が悪い態度を取るヨ・ウングァン(パク・ソンウン)も面白いです。

アジア投資フォーラムを隠れ蓑にした「ブラックオークション」のシーン

「木彫りの半跏思惟像」の落札を目指しますが、軍資金の上限であるUS500万ドルでは足りなくなる雲行きに。

この状況でK(キム・ソル)が下した決断は?