「太陽の末裔」の脚本家・キム・ウォンソクが仕掛けるロマンティック・スパイアクション「マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~」第9話のあらすじ、感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します!

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

「マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~」主要キャスト

キム・ソル(パク・へジン)
国家情報院のゴースト要員(身分を偽り、黒幕として暗躍する諜報員)。コードネームは『K』 。言語、武術、学問などあらゆる方面で優れた能力や知識を併せ持つ。
チャ・ドハ(キム・ミンジョン)
ヨ・ウングァンが所属する芸能事務所の室長兼マネージャー。自身もウングァンの大ファン。
ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)
スタントマン出身のアクション俳優(韓流スター)。代表作は「ダークデス」。
イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)
特捜部検事で国家情報院の元諜報員。K(キム・ソル)の活動を強力にサポート。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第9話のあらすじ

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の父親のチャ・ミョンソクは、ソンサングループ社長のモ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)のもとを訪れた。

「2人(娘のチャ・ドハとキム・ソル)が結婚するなら、一等地にマンションを用意してやらねば!」と考えたからだ。

「2つ目の木彫り像を入手するために必要な指輪を渡す代わりに20憶ウォン(日本円で約1憶8,000万円)をよこせ!」と取引を持ちかけるチャ・ミョンソク。

モ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)は取引に応じ、契約金代わりに高級腕時計をチャ・ミョンソクに手渡した。

しかし、チャ・ミョンソクが受け取った腕時計は模造品で盗聴器まで仕掛けられていた。

そのため、会話がモ・スンジェ側に筒抜けで、指輪をチャ・ドハ(キム・ミンジョン)が預かっていることがバレてしまった。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)に狙いを定めるモ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)。

一方、キム・ソル(パク・へジン)は、チャ・ドハ(キム・ミンジョン)から指輪のありかを聞き出していた。

指輪を奪取し、チャ・ドハ(キム・ミンジョン)のもとを去るキム・ソル(パク・へジン)。

・・・のはずだったが、事態が急変!

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)がモ・スンジェ一味に拉致されてしまったのだ。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)が拉致されたことを知ったキム・ソル(パク・へジン)は作戦を無視して単独行動に出るのだった。

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第9話の感想

2つ目の木彫り像入手のために必要な指輪を手に入れ、チャ・ドハ(キム・ミンジョン)は、“用なし”となるはずでしたが・・・。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)が拉致されたことを知り、キム・ソル(パク・へジン)は必至にチャ・ドハ(キム・ミンジョン)救出に向かいます。

これはもう作戦を超えた『愛』に他ならないでしょう。

そして、ドラマの中で重要な役割を果たすスマートフォン。

通話・メールといった基本的な使い方はもちろんのこと、位置情報の探知、盗聴器の発見など、スマートフォン無しにはドラマが成り立たないほど。

もし、スマートフォンがこの世に存在しなかったなら、どのような演出がされたのか少し興味が湧きました。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第9話の見どころ

モ・スンジェ(ソンサングループ社長)一味と国家情報院の指輪をめぐる攻防

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)が拉致されたことを知ったキム・ソル(パク・へジン)が必死にチャ・ドハ(キム・ミンジョン)救出に奔走します。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の安否は?木彫り像作戦の成否は?