「太陽の末裔」の脚本家・キム・ウォンソクが仕掛けるロマンティック・スパイアクション「マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~」第1話のあらすじ、感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します!

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

「マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~」主要キャスト

キム・ソル(パク・へジン)
国家情報院のゴースト要員(身分を偽り、黒幕として暗躍する諜報員)。コードネームは『K』 。言語、武術、学問などあらゆる方面で優れた能力や知識を併せ持つ。
チャ・ドハ(キム・ミンジョン)
ヨ・ウングァンが所属する芸能事務所の室長兼マネージャー。自身もウングァンの大ファン。
ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)
スタントマン出身のアクション俳優(韓流スター)。代表作は「ダークデス」。
イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)
特捜部検事で国家情報院の元諜報員。K(キム・ソル)の活動を強力にサポート。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第6話のあらすじ

ロシアでの任務を終え、キム・ソル(パク・へジン)はヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のボディガードを辞める口実を探していた。

キム・ソル(パク・へジン)は、いくつか辞める口実を考えた挙句、病気を理由にヨ・ウングァン(パク・ソンウン)に退職届を提出した。

キム・ソル(パク・へジン)の退職理由が「自分のせいだ!」と勘違いしたチャ・ドハ(キム・ミンジョン)は、キム・ソル(パク・へジン)に退職撤回を迫る。

しかし、キム・ソル(パク・へジン)は、「君のことは好きでも何でもない!少しからかっただけだ。」と冷たく突き放した。

キム・ソル(パク・へジン)の言葉に放心状態のチャ・ドハ(キム・ミンジョン)。

しかし、状況が一変する。

2つ目の木彫り像を入手するにはヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のボディガードであり続ける必要が出てきたのだ。

前言を撤回し、「ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のボディガードを続ける!」とチャ・ドハ(キム・ミンジョン)に告げるキム・ソル(パク・へジン)。

2つ目の木彫り像を入手するにはゴールドフィンガーが持っている指輪が必要だった。

そのゴールドフィンガーというのが、チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の父親(詐欺罪で服役中)だったのだ。

マン・ツー・マン~君だけのボディーガード~全話のあらすじを見たい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第6話の感想

任務のためにチャ・ドハ(キム・ミンジョン)を利用してきたキム・ソル(パク・へジン)でしたが、どうも様子がおかしくなってきました。

キム・ソル(パク・へジン)もチャ・ドハ(キム・ミンジョン)のことが気になってきたようなのです。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の父親の件といい、今後面白い展開になりそうです。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第6話の見どころ

キム・ソル(パク・へジン)とチャ・ドハ(キム・ミンジョン)が喫茶店で話すシーン

「自分のせいで辞表を提出した。」と勘違いしたチャ・ドハ(キム・ミンジョン)がキム・ソル(パク・へジン)に辞職撤回を求めますが、キム・ソル(パク・へジン)は冷たく突き放します。

ですが、事情が変わって、キム・ソル(パク・へジン)は態度を180度転換させます。

その転換ぶり、キム・ソル(パク・へジン)に翻弄されるチャ・ドハ(キム・ミンジョン)が面白いです。