「太陽の末裔」脚本家・キム・ウォンソクが仕掛けるロマンティック・スパイアクション「マン・ツー・マン 君だけのボディーガード」全話のあらすじをネタバレを交えて詳しくご紹介します!

「マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~」主要キャスト

キム・ソル(パク・へジン)
国家情報院のゴースト要員(身分を偽り、黒幕として暗躍する諜報員)。コードネームは『K』 。言語、武術、学問などあらゆる方面で優れた能力や知識を併せ持つ。
チャ・ドハ(キム・ミンジョン)
ヨ・ウングァンが所属する芸能事務所の室長兼マネージャー。自身もウングァンの大ファン。
ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)
スタントマン出身のアクション俳優(韓流スター)。代表作は「ダークデス」。
イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)
特捜部検事で国家情報院の元諜報員。K(キム・ソル)の活動を強力にサポート。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~予告編

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第1話のあらすじ

元軍人の男(パク・へジン)は、国家情報院のゴースト要員(身分を偽り、黒幕として暗躍する諜報員)にスカウトされ、海外で活動していた。

コードネームは、「K」だ。

ある時はアルゼンチン人としてイタリアで、またある時はスロベニア人としてドイツで、またまたある時はアメリカ人としてフランスでなど、まさに世界を股に掛けて活動していた。

ハンガリー・ブタペストでの任務を終え、休暇を楽しんでいたKに新たな指令が下された。

Kへの新たな指令は、「韓国籍のキム・ソルとなって韓国で活動せよ!」というものだった。

第1話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第2話のあらすじ

国家情報院は、木彫り像の写真、ヴィクトル会長(ロシアの石油財閥)の秘密倉庫の情報、ヴィクトル会長宅の図面、ヴィクトル会長宅の住所などを何1つ掴んでいなかった。

そこで、国家情報院は、ゴースト要員・K(パク・へジン)をヴィクトル会長のバースデーパーティーに潜入させようと考えた。

そのため、K(パク・へジン)は、韓国籍の「キム・ソル」となり、アクション俳優のヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のボディガードとなった。

映画「ダークデス」ファンのヴィクトル会長がヨ・ウングァン(ダークデスの主演俳優)をバースデーパーティーに招いていたのだ。

第2話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第3話のあらすじ

ソン・ミウン(ソンサングループ社長の妻)がヨ・ウングァン(元スタントマンのアクション俳優)の新作映画(恋愛映画)の制作に乗り出していた。

映画の制作資金を出したのは、ソン・ミウン(チェ・ジョンアン)の夫のモ・スンジェ(ソンサングループ社長)だ。

モ・スンジェ(ソンサングループ社長)は、妻のソン・ミウン(チェ・ジョンアン)がヨ・ウングァン(パク・ソンウン)に“肩入れ”ばかりする姿が耐えられなくなっていた。

モ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)の怒りの矛先は直接ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)に向けられようとしていた。

第3話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第4話のあらすじ

カーアクション撮影中の事故で病院に緊急入院していたヨ・ウングァン(パク・ソンウン)が退院した。

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)の命を救ったキム・ソル(パク・へジン)は、その働きが認められて24時間体制でヨ・ウングァン(パク・ソンウン)を警護することになった。

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)は、7年前にもカーアクションの撮影中に今回と同様の事故に遭って死にかけていた。

そのため、ナーバスになり、「3~4ヵ月仕事を休む!」と言い出した。

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)が休業すると、週末に迫ったロシア石油財閥・ヴィクトル会長のバースデーパーティーへの欠席は必至。

焦るキム・ソル(パク・へジン)。

第4話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第5話のあらすじ

キム・ソル(パク・へジン)は、ヴィクトル会長(ロシア石油財閥)のバースデーパーティーに潜入することに成功した。

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)は、ヴィクトル会長から“秘密部屋”に招かれており、キム・ソル(パク・へジン)はその隙に木彫り像を盗み出す計画を立てていた。

しかし、計画に狂いが生じた。

ヨ・ウングァン(パク・ソンウン)がキム・ソル(パク・へジン)も秘密部屋に同行させると言い出したのだ。

ヴィクトル会長もキム・ソル(パク・へジン)の同行を許可し、キム・ソル(パク・へジン)はやむなくヴィクトル会長の秘密部屋に同行した。

作戦失敗かに見えたが、キム・ソル(パク・へジン)は代替計画(プランB)を用意していたのだった。

第5話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第6話のあらすじ

ロシアでの任務を終え、キム・ソル(パク・へジン)はヨ・ウングァン(パク・ソンウン)のボディガードを辞める口実を探していた。

キム・ソル(パク・へジン)は、いくつか辞める口実を考えた挙句、病気を理由にヨ・ウングァン(パク・ソンウン)に退職届を提出した。

キム・ソル(パク・へジン)の退職理由が「自分のせいだ!」と勘違いしたチャ・ドハ(キム・ミンジョン)は、キム・ソル(パク・へジン)に退職撤回を迫る。

しかし、キム・ソル(パク・へジン)は、「君のことは好きでも何でもない!少しからかっただけだ。」と冷たく突き放した。

キム・ソル(パク・へジン)の言葉に放心状態になってしまうチャ・ドハ(キム・ミンジョン)だった。

第6話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第7話のあらすじ

2つ目の木彫り像を入手するにはゴールドフィンガー(チャ・ドハの父親)が持っている指輪が必要だった。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)が指輪を父親から預かっている可能性が高いため、キム・ソル(パク・へジン)は、チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の自宅と前勤務先を捜索した。

しかし、指輪の発見には至らなかった。

そこで、キム・ソル(パク・へジン)は、チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の心を弄んで、指輪のありかを聞き出す作戦に出るのだった。

第7話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第8話のあらすじ

キム・ソル(パク・へジン)とチャ・ドハ(キム・ミンジョン)が交際することになった(キム・ソルが任務を遂行するための偽装交際)。

同じタイミングでチャ・ドハ(キム・ミンジョン)の父親のチャ・ミョンソクが刑務所から出所(仮釈放)した。

チャ・ミョンソクに「娘さんの彼氏です。」と自己紹介するキム・ソル(パク・へジン)。

チャ・ミョンソクのまたの名は、ゴールドフィンガー。消息不明になった国家情報院のロバート・ユン(ゴースト要員)の情報員だ。

チャ・ミョンソクは、ロバート・ユン(消息不明のゴースト要員Y)から2つ目の木彫り像に関係する指輪を預かっていた。

国家情報院もチャ・ミョンソクが指輪を持っていることをつかんでおり、キム・ソル(パク・へジン)が指輪のありかを突き止めようとしていた。

さらにモ・スンジェ(ソンサングループの社長)もチャ・ミョンソクが指輪を持っていることをつかんでおり、指輪の奪取を虎視眈々と狙っていた。

第8話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第9話のあらすじ

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)の父親のチャ・ミョンソクは、ソンサングループ社長のモ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)のもとを訪れた。

「2人(娘のチャ・ドハとキム・ソル)が結婚するなら、一等地にマンションを用意してやらねば!」と考えたからだ。

「2つ目の木彫り像を入手するために必要な指輪を渡す代わりに20憶ウォン(日本円で約1憶8,000万円)をよこせ!」と取引を持ちかけるチャ・ミョンソク。

モ・スンジェ(ヨン・ジョンフン)は取引に応じ、契約金代わりに高級腕時計をチャ・ミョンソクに手渡した。

しかし、チャ・ミョンソクが受け取った腕時計は模造品で盗聴器まで仕掛けられていた。

第9話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第10話のあらすじ

チャ・ドハ(キム・ミンジョン)を拉致したソ・ギチョル(元国家情報院のゴースト要員)のアジトを必死で捜すキム・ソル(パク・へジン)。

ソ・ギチョルのアジトが白蛇団(ぺクサダン)の長であるぺク・インス議員だけが知ることをつかんだキム・ソル(パク・へジン)は強行手段に出る。

国家情報院に辞意を表明し、ぺク・インス議員に直接ソ・ギチョルのアジトを聞き出す実力行動に出たのだ。

拳銃でぺク・インス議員を脅し、ソ・ギチョルのアジト(ジャンフン路195、明星スタジオ)を聞き出したキム・ソル(パク・へジン)。

キム・ソル(パク・へジン)から連絡を受けたイ・ドンヒョン(チョン・マンシク)は、ソ・ギチョルのアジトに特攻隊(警察特殊部隊)を送った。

第10話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第11話のあらすじ

美女を同伴してアジア投資フォーラムが行われているブルーホテルのフロントに現れた初老の男。

ホテルのフロント周辺では白蛇団(ぺクサダン)一味がK(キム・ソル)が現れるのを待ち構えていた。

初老の男の左手薬指にはチャ・ドハ(キム・ミンジョン)の父親のチャ・ミョンソクから奪った指輪がはめられていた。

指輪を確認したホテル支配人はブラックオークションの招待状を初老の男に手渡すのだった。

この初老の男は、K(キム・ソル)が変装した姿だったのだ。

ブラックオークションの参加費は最低でも500万ドルが必要で、チャン チーム長は作戦遂行のため、資金集めに奔走していた。

第11話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第12話のあらすじ

チャン・テホ チーム長がチーム長の職を解かれ、イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)がでっちあげの受託収賄罪で警察に捕まっていた。

すべてはモ・スンジェ(ソンサングループ社長)の差し金(さしがね)だ。

チャン・テホ チーム長がチーム長の職を解かれたことで(ゴースト要員の)活動費の口座も凍結されてしまった。

「このままではオークション作戦が遂行できなくなる!」と焦るK(キム・ソル)。

オークション作戦を遂行するためには最低でもUS500万ドルが必要だったのだ。

困ったK(キム・ソル)は・・・

第12話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第13話のあらすじ

ブラックオークションで「木彫りの半跏思惟像」の入札が始まった。

モ・スンジェ(ソンサングループ社長)から「木彫りの半跏思惟像」の落札を依頼されていたヤマト会長がどんどん値を吊り上げていく。

ヤマト会長は、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)からソンサン海運を“言い値”で譲り受ける見返りに「木彫りの半跏思惟像」の落札を依頼されていたのだ。

入札金額がUS400万ドルに達した時、K(キム・ソル)が動いた。

プランBの発動だ!

第13話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第14話のあらすじ

白蛇団(ぺクサダン)の長・ぺク議員は、アジア投資フォーラムの会場となったブルーホテル前で起こった爆発事件を国家情報院の元要員が関わったテロだとマスコミに発表した。

さらにぺク議員は国家情報院長に引責辞任を迫った。

ぺク議員とモ・スンジェ(ソンサングループ社長)の狙いは、国家情報院長の首をすげ替え、国家情報院ごと手中に収めることだ。

国家情報院を手中に収めれば、必然的に木彫り像も手に入るというわけだ。

第14話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第15話のあらすじ

白蛇団(ぺクサダン)の長・ぺク議員は、ブルーホテル前で起こった爆発事件を国家情報院の元要員が関わったテロにでっち上げようとしていた。

検事のイ・ドンヒョン(チョン・マンシク)の逮捕だけでは証拠能力が低く、チャン・テホ チーム長やK(キム・ソル)をも巻き込もうとしていた。

その頃、暗礁に乗り上げていた「木彫り像作戦」を打開するため、チャン・テホ チーム長はモ・スンジェ(ソンサングループ社長)と裏取引をしていた。

モ・スンジェ(ソンサングループ社長)がチャン・テホ チーム長に持ちかけた取引の内容とは?

第15話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第16話のあらすじ

チャン・テホ チーム長に腹部を拳銃で撃たれたK(キム・ソル)は、橋の欄干から川に転落した。

ヴィクトル会長の部下たちもK(キム・ソル)が転落した川の付近をただただ見つめるしかなかった。

目を固く閉じ、水中深くに沈んでいくK(キム・ソル)。

このまま川底に沈み、絶命してしまうのかと思った瞬間、K(キム・ソル)の目が開いた。

K(キム・ソル)は死んでなかったのだ。

必死の思いで川から這い出し、K(キム・ソル)がたどり着いた先は・・・。

第16話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第17話のあらすじ

木彫り像作戦は、プランBに移行した。

木彫り像作戦は、本来『ソンサンの不正を暴き、国家情報院内の白蛇団(ぺクサダン)を潰す』ことが目的の作戦だった。

しかし、二兎を追えば一兎も得られない厳しい状況になった。

そこで、チャン・テホ チーム長は、ソンサンの不正を暴くことを諦め、国家情報院内の白蛇団(ぺクサダン)を一掃することのみに専念するプランBに切り替えたのだ。

プランBのためにモ・スンジェ(ソンサングループ社長)と取引するという『掟破りの作戦』に出たチャン・テホ チーム長は、足元をすくわれる恐れがあった。

第17話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第18話のあらすじ

K(キム・ソル)とイ・ドンヒョン(チョン・マンシク)は、「消えたぺク議員のテープを捜せ!Y」というメールを送り付けてきた人物が誰なのかを探っていた。

K(キム・ソル)は、アンナム聖堂・ミカエル神父に、イ・ドンヒョン(チョン・マンシク)は、ぺク議員とチャ・ミョンソク(ドハの父親)に探りを入れた。

しかし、いずれの人物もメールを送り付けてきた人物ではないことが判明した。

その頃、白蛇団(ぺクサダン)の長・ぺク議員は、ソンサングループのパク理事を拉致していた。

第18話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第19話のあらすじ

K(キム・ソル)は、ソンサンの秘密倉庫から消えたビデオテープを捜し続けていた。

そんな中、議員辞職に追い込まれた白蛇団(ぺクサダン)の長・ぺク元議員が最後の悪あがきを続けていた。

ぺク元議員は、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)に財団理事長の座を譲り渡すよう申し入れたのだ。

しかし、モ・スンジェ(ソンサングループ社長)は、その申し出に応じなかった。

すると、ぺク元議員は、卑劣な手段に打って出るのだった。

第19話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第20話のあらすじ

K(キム・ソル)がついにぺク議員のビデオテープと初代ゴースト要員たちの資料を発見した。

K(キム・ソル)は、ぺク議員のビデオテープと初代ゴースト要員たちの資料を検事のイ・ドンヒョン(チョン・マンシク)に手渡した。

「法と正義の下に成敗してやる!」と意気込むイ・ドンヒョン(チョン・マンシク)。

しかし、K(キム・ソル)は、モ・ビョンド(モ・スンジェの祖父)の猟銃の銃床(ストック)に彫られた龍の模様が何なのかが気になっていた。

「任務終了」を報告するために夜中にチャ・ドハ(キム・ミンジョン)の自宅に赴いたK(キム・ソル)。

しかし、1本の電話が入り、 K(キム・ソル) の表情がみるみる険しくなるのだった。

第20話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~第21話のあらすじ

モ・スンジェ(ソンサングループ社長)は、国家情報院長から妻のソン・ミウン(チェ・ジョンアン)が国家情報院の元ゴースト要員であることを伝え聞いた。

さらにソン・ミウン(チェ・ジョンアン)が自分(モ・スンジェ)から情報を得るために国家情報院長が送り込んだ要員だったという事実もだ。

激しく動揺するモ・スンジェ(ソンサングループ社長)。

さらにモ・スンジェ(ソンサングループ社長)は、ソン・ミウン(チェ・ジョンアン)が今でもK(キム・ソル)の作戦を手伝っていることも知った。

国家情報院長から「信じられないなら、彼女を試してみては?」と告げられたモ・スンジェ(ソンサングループ社長)は・・・。

第21話についてさらに詳しく知りたい方はこちら

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~最終回(第22話)のあらすじ

悪党たちを一掃することに成功したK(キム・ソル)。

国家情報院に復帰したチャン・テホ チーム長は、K(キム・ソル)のデータを伏し、復職の処置をとった。

K(キム・ソル)は、1ヵ月間休暇扱いとなり、その間にゴースト要員を続けるか否かの判断を下すよう猶予の時間が与えられた。

退屈で暇を持て余すK(キム・ソル)前に思いもよらぬ人物が現れた。

第22話についてさらに詳しく知りたい方はこちら