韓国ドラマ「黒騎士~永遠の約束~」第26話のあらすじと視聴した感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

さらに「黒騎士~永遠の約束~」の動画(日本語字幕版)を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

「黒騎士~永遠の約束~」とはどんなドラマ?

「黒騎士~永遠の約束~とはどんなドラマなのか?」をコンパクトにまとめたスペシャルダイジェスト動画があります。

ドラマの内容をよくご存じない方は以下の動画で予習しましょう!

「黒騎士~永遠の約束~」主な登場人物

ムン・スホ(キム・レウォン)
若き青年実業家。長身・イケメン・お金持ち、とまさに非の打ち所がないパーフェクトな男性。チョン・ヘラは幼なじみで初恋の相手。
チョン・ヘラ(シン・セギョン)
旅行会社のツアーコンサルタント。仕事運、男運、金運、全てに見放され、どん底人生を送る女性。シャロン洋装店のコートを手に入れたことから人生が大きく変わり始める。
シャロン(ソ・ジヘ)
シャロン洋装店のオーナーで超一流のデザイナー。愛する男性に異常なまでの執念を燃やす女性。スホとヘラに深い因縁がある。
チャン・ベッキ(チャン・ミヒ)
調香師・文化遺産解説者。スホとヘラを陰日向で応援する謎の女性。シャロンとは切っても切れない“腐れ縁”の関係。

黒騎士~永遠の約束~第26話のあらすじ

ベッキはヘラに200年以上前にジョンボクが残した絵物語と祈祷文を見せた。

すると、ヘラは「私は信じません。ですが、チェ・ソリン(シャロン)が再び現れたら、この話しを信じられそうです。」とベッキに語った。

そして、ヘラは赤紫色のコートをシャロン洋装店に返却した。

シャロン洋装店の赤紫色のコートを着てからヘラの周りで“奇妙なこと”ばかりが起こっていたからだ。

シャロン不在のシャロン洋装店は使用人だったスング氏が切り盛りしていた。

ヘラとスングが会話を交わす中、薄汚れた格好の1人の女性が現れた。

なんと、その女性は、2~3日前に川に身投げしたシャロンだった。

呆気(あっけ)にとられるヘラ。

しかし、シャロンはヘラのことを全く憶えていなかった。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

黒騎士~永遠の約束~第26話の感想

2~3日前に川に身投げしたシャロンが早々にシャロン洋装店に戻ってきました。

しかも、ヘラやスホのことを忘れた状態で。

シャロンはチェ・ジフン(ヘラの元カレ)のことも覚えていませんでした。

これは一体どういうことでしょう?ベッキの祈りが通じたからでしょうか?それとも?

そして、「“あの事件”以来、体力が有り余る感じがする。」と語るスホの身に何が起こっているのでしょう?気になります。

さらに、いつも“余計なこと”しかしないチェ・ジフン(ヘラの元カレ)の存在も気がかりです。

チェ・ジフンがシャロンの記憶を呼び覚ましてしまう気がしてなりません。

黒騎士~永遠の約束~第26話の見どころ

①ヨンミの告白

パク・ゴン(パク・チョルミンの息子)は、恋人のヨンミに「父が研究所に放火し、ヘラの父親も殺したのか?」と尋ねた。

パク・ゴンは、父親・チョルミンの暴走を食い止めたかったのだ。

真剣な表情のパク・ゴンにヨンミが過去にあった出来事をおもむろに話し始めます。

②ヘラとシャロンの再会

ベッキが「30年後または50年後に戻ってくるのでは?」と話していたシャロンが早々にヘラの前に姿を現しました。

シャロンは使用人のスングのことは覚えていましたが、ヘラのことは全く覚えていませんでした。

シャロンの演技なのか?それとも本当にシャロンの記憶からヘラが消えたのか?

③善人になった(?)シャロン

シャロン洋装店に戻ったシャロンは表情も明るく、善人になったよう。

これはシャロンの演技なのか?それともベッキの祈りが通じたのか?

④結婚衣装を着て写真撮影をするヘラとスホ

結婚式を早めたヘラとスホはスタジオを貸し切って記念撮影をします。

2人の写真はもちろん、ヘラの叔母、ベッキも交えての写真撮影は幸せに包まれます。