韓国ドラマ「黒騎士~永遠の約束~」第14話のあらすじと視聴した感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

さらに「黒騎士~永遠の約束~」の動画(日本語字幕版)を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

「黒騎士~永遠の約束~」とはどんなドラマ?

「黒騎士~永遠の約束~とはどんなドラマなのか?」をコンパクトにまとめたスペシャルダイジェスト動画があります。

ドラマの内容をよくご存じない方は以下の動画で予習しましょう!

「黒騎士~永遠の約束~」主な登場人物

ムン・スホ(キム・レウォン)
若き青年実業家。長身・イケメン・お金持ち、とまさに非の打ち所がないパーフェクトな男性。チョン・ヘラは幼なじみで初恋の相手。
チョン・ヘラ(シン・セギョン)
旅行会社のツアーコンサルタント。仕事運、男運、金運、全てに見放され、どん底人生を送る女性。シャロン洋装店のコートを手に入れたことから人生が大きく変わり始める。
シャロン(ソ・ジヘ)
シャロン洋装店のオーナーで超一流のデザイナー。愛する男性に異常なまでの執念を燃やす女性。スホとヘラに深い因縁がある。
チャン・ベッキ(チャン・ミヒ)
調香師・文化遺産解説者。スホとヘラを陰日向で応援する謎の女性。シャロンとは切っても切れない“腐れ縁”の関係。

黒騎士~永遠の約束~第14話のあらすじ

スホの献身的な愛にヘラの心はすっかりスホに傾いていた。

一方でスホが手掛ける都市再生計画には暗雲が垂れ込めていた。

ヘラとの思い出が詰まったクムソン地区(柿の木町)の景観をなんとか守ろうと奔走するスホだったが、パク・チョルミンが必死の巻き返しを図っていたのだ。

パク・チョルミンは古い建物を取り壊し、ショッピングモールの建設を推進していた。

パク・チョルミンの息子・ゴンは、スホとの間で話しがまとまっていたクムソン地区の空き地の買収に成功した。

クムソン地区の空き地は地元の老人・ユン・ダロンが所有する土地だった。

さらにパク・チョルミンは攻勢をかけてきた。

スホとの間で話しがまとまっていた銭湯の所有者に札束攻勢をかけ、話しをひっくり返してしまったのだ。

汚い手を使って、次々に土地買収を仕掛けてくるパク・チョルミンに対しスホはどう対抗するのか?

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

黒騎士~永遠の約束~第14話の感想

スホの事業の妨害をする人物にまた不幸が訪れました。

これでパク・チョルミンが銭湯の持ち主を買収したことからパク・チョルミンに不幸が訪れることが濃厚になりました。

スホに訪れる“幸運”はベッキのご加護によるものと思われますが、ベッキの援護射撃は本当に強力ですね!

すっかりいいムードになってきたヘラとスホですが、このままスンナリいくとは思えません。

ヘラとスホの2人にこれからどんな苦難が降りかかるのでしょうか?

黒騎士~永遠の約束~第14話の見どころ

①ラブラブモードのヘラとスホ

スホへの警戒心をなかなか緩めなかったヘラですが、警戒心という名の壁は完全に決壊しました。

2人はすっかりラブラブモードに突入です。

②パク・ゴンとシャロンの出会い

パク・チョルミン(スホと敵対する実業家)の息子・ゴンがチェ・ジフン(ヘラの元カレ)を介してシャロンと出会います。

これは偶然か必然か、嫌な予感がします。

③イ・ミョンソ(チェ判書の家の若様)がプ二に送った指輪を手に入れたベッキ

財テク目的で骨董品や古美術品を収集しているパク・チョルミンからイ・ミョンソ(チェ判書の家の若様)がプ二に送った指輪を入手したベッキ。

ベッキが指輪を“本来の持ち主”に返すことで呪いは解けるのでしょうか?