韓国ドラマ「黒騎士~永遠の約束~」第8話のあらすじと視聴した感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

さらに「黒騎士~永遠の約束~」の動画(日本語字幕版)を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

「黒騎士~永遠の約束~」とはどんなドラマ?

「黒騎士~永遠の約束~とはどんなドラマなのか?」をコンパクトにまとめたスペシャルダイジェスト動画があります。

ドラマの内容をよくご存じない方は以下の動画で予習しましょう!

「黒騎士~永遠の約束~」主な登場人物

ムン・スホ(キム・レウォン)
若き青年実業家。長身・イケメン・お金持ち、とまさに非の打ち所がないパーフェクトな男性。チョン・ヘラは幼なじみで初恋の相手。
チョン・ヘラ(シン・セギョン)
旅行会社のツアーコンサルタント。仕事運、男運、金運、全てに見放され、どん底人生を送る女性。シャロン洋装店のコートを手に入れたことから人生が大きく変わり始める。
シャロン(ソ・ジヘ)
シャロン洋装店のオーナーで超一流のデザイナー。愛する男性に異常なまでの執念を燃やす女性。スホとヘラに深い因縁がある。
チャン・ベッキ(チャン・ミヒ)
調香師・文化遺産解説者。スホとヘラを陰日向で応援する謎の女性。シャロンとは切っても切れない“腐れ縁”の関係。

黒騎士~永遠の約束~第8話のあらすじ

ソウル昔話

ベッキは「ソウル昔話」という講演会で、200年前に一目惚れした下女・プニを一途に愛した若様の話をしていた。

ベッキはこの講演会にヘラとスホを呼んでおり、2人を引き合わせようとしていた。

思惑通りにヘラとスホを引き合わせることに成功したベッキだったが、講演会場には“招かれざる客”も姿を現すのだった。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

黒騎士~永遠の約束~第8話の感想

ヘラとシャロンの因縁の全てが明かされました。

プ二(現世ではヘラ)と若様(現世ではスホ)の許されざる愛の結末は悲劇的な結果となってしまいました。

プ二(現世ではヘラ)が200年以上前のシャロンに言い放った最後の言葉通り、シャロンは本当に“悪い女”です。

それにしてもプ二(現世ではヘラ)の呪いの威力は強力です。

シャロンが呪いを受ける理由は十分分かりましたが、チャン・ベッキがシャロン同様に呪いを受ける理由が未だに判明しません。

ベッキが呪われた理由は何なのでしょうか?

ヘラ役のシン・セギョンさんですが、現代劇のシーンより時代劇のシーンの方が魅力的に映るのは私だけでしょうか?

一方、若様とスホの二役を演じるキム・レウォンさんは現代劇でも時代劇でも魅力は変わりませんね(あくまでも主観です)。

黒騎士~永遠の約束~第8話の見どころ

プ二(現世ではヘラ)と若様(現世ではスホ)の許されざる愛の結末。

身分の違いから決して結ばれることない2人の愛の結末は涙なしには見れません。