韓国ドラマ「黒騎士~永遠の約束~」第3話のあらすじと視聴した感想、見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

さらに「黒騎士~永遠の約束~」の動画(日本語字幕版)を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

「黒騎士~永遠の約束~」とはどんなドラマ?

「黒騎士~永遠の約束~とはどんなドラマなのか?」をコンパクトにまとめたスペシャルダイジェスト動画があります。

ドラマの内容をよくご存じない方は以下の動画で予習しましょう!

「黒騎士~永遠の約束~」主な登場人物

ムン・スホ(キム・レウォン)
若き青年実業家。長身・イケメン・お金持ち、とまさに非の打ち所がないパーフェクトな男性。チョン・ヘラは幼なじみで初恋の相手。
チョン・ヘラ(シン・セギョン)
旅行会社のツアーコンサルタント。仕事運、男運、金運、全てに見放され、どん底人生を送る女性。シャロン洋装店のコートを手に入れたことから人生が大きく変わり始める。
シャロン(ソ・ジヘ)
シャロン洋装店のオーナーで超一流のデザイナー。愛する男性に異常なまでの執念を燃やす女性。スホとヘラに深い因縁がある。
チャン・ベッキ(チャン・ミヒ)
調香師・文化遺産解説者。スホとヘラを陰日向で応援する謎の女性。シャロンとは切っても切れない“腐れ縁”の関係。

黒騎士~永遠の約束~第3話のあらすじ

スロベニア在住の韓国人写真家との契約交渉を終えて会社の寮に戻ったヘラ。

しかし、ヘラが会っていたのは会社に会うように指示された人物ではなかった。

「あの男はいったい何者?」と困惑するヘラ。

翌朝、会社の寮の前にヘラ宛てに差出人不明の荷物が届いた。

ヘラが荷物の中身を確かめると、中にはヘラが着ていた赤紫色のコートに合う手袋と昨日撮った写真、そして手紙が入っていた。

荷物の差出人は、昨日の“ニセ写真家”(ムン・スホ)だった。

手紙の裏には中世の騎士が住んでいた古城をホテルを改築した古城ホテルの写真が掲載されていた。

そこで、ヘラは昨日あったミステリアスな出来事の手がかりを求めて古城ホテルを訪れてみることにした。

古城ホテルに魅了され、時間を忘れてホテル内を見て回るヘラ。

すると、ヘラはホテル内から出られなくなってしまった。

古城ホテルは宿泊客以外の客がホテル内を利用できるのが午後9時までであったためだ。

観念して「朝まで待とう。」とホテル内のベンチで眠り込むヘラ。

しかし、翌朝目覚めたのはベッドの中だった・・・。

全話(1話~最終話)のあらすじ はこちら

黒騎士~永遠の約束~第3話の感想

シャロン(シャロン洋装店のオーナー)とチャン・ベッキ(シャロン洋装店の客)の恐るべき秘密が明らかになりました。

現実世界ではありえないファンタジーの世界です。

2人は大罪を犯して、“そのような事態”になったと言いますが、“そのような事態”が可能なら、大罪を犯す人が続発するでしょう。

それにしてもスホは女性を“胸キュン”させるセリフを平気でポンポン繰り出しますねぇ~。

女性は悶絶ものでしょう。

黒騎士~永遠の約束~第3話の見どころ

①シャロンとベッキの秘密が明らかに

どこかミステリアスな雰囲気を漂わせるシャロン(シャロン洋装店のオーナー)とチャン・ベッキ(シャロン洋装店の客)。

2人にはとんでもない秘密が隠されていました。

②ヘラに正体を明かすスホ

スロベニア在住の写真家を装っていたスホに憤慨するヘラにスホは自らの正体を明かします。

随所に女心をくすぐるセリフを吐くスホ。

しかし、肝心なことは話しません。

③帰国したヘラに訪れるサプライズ

ヘラの叔母が住居の保証金を不動産投資に使ってしまったために現在の住居を退去しなければならなくなったヘラ。

ヘラとヘラの叔母が仮住まいすることになったシェアハウスで待っていたのは・・・。