ソンフン、ソン・ジウン(Secretの元メンバー)主演のロマンティック・ラブコメディー「じれったいロマンス」最終回(第14話)のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

「じれったいロマンス」主な登場人物

チャ・ジヌク(ソンフン)
32歳、財閥・テボクグループの総括本部長。父親も呆れる放蕩息子だったが、“ある事件”を きっかけに仕事人間に大変身し、会社の再建に貢献。3年前のある事件をきっかけに恋愛不能に 。
イ・ユミ(ソン・ジウン)
28歳の新人栄養士。長い就職浪人の末、テボクグループ本社の社員食堂に就職。あるトラウマ から男性恐怖症となり、恋愛経験はゼロ。
チョン・ヒョンテ(キム・ジェヨン)
ユミが住むアパートの1Fでメク&ブック(ビール飲む本屋)を経営する青年実業家。売れっ子作家の顔も併せ持つ。ユミとは高校の同級生で親友。
チュ・ヘリ(チョン・ダソル)
売れっ子女性アナウンサー。言い寄ってくる男性は多いが、チャ・ジヌクを10年以上思い続け ている。

最終回(第14話)「君を独り占めする夜」あらすじ

3年前の思い出の地で再会したジヌクとユミ。

しかし、ユミは「ジヌクとのことは素敵な思い出」として今後の人生を歩んでいこうと心に誓い、ジヌクのもとを去った。

ジヌクは、「名前も年齢も何ひとつ知らない女を3年間も待ち続けたんだ。3年でも30年でもユミを待とう!」と心に誓うのだった。

自らの意志でジヌクのもとを去ったユミだったが、ジヌクへの熱い思いを断ち切ることをできずに苦しんでいた。

そんな娘(ユミ)の姿を見かねたユミの母親・ミヒはテレビの生番組に出演し、ユミに「愛しているなら離しちゃダメ!」と公開エールを送った。

母親・ミヒの言葉を聞いたユミはジヌクのもとへ走った。

そして、ユミからの連絡を受けたジヌクもまたユミのもとへ走った。

会社(テボクグループ本社)のロビーで再会したユミとジヌクは人目もはばからず・・・。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

最終回(第14話)「君を独り占めする夜」感想

既定路線ではありますが、ハッピーエンドの結末で良かったです。

特にユミとジヌクが会社(テボクグループ本社)のロビーで熱いキスを交わすシーンが感動的でした。

それにヒョンテとチュ・ヘリが交際をスタートさせたことも良かったです。

セレブ男性と庶民女性の恋という韓国では鉄板(?)のドラマでしたが、最後まで楽しんで観ることができました。

トキメキたい女性には必見のドラマと言えるのではないでしょうか?

最終回(第14話)「君を独り占めする夜」見どころ

①母親と再会するジヌク

意を決したジヌクは長年会っていなかった母親を訪ねます。

ユミとのことを知ったジヌクの母親は息子・ジヌクの背中をそっと押します。

②テレビの公開生放送でユミにエールを送るユミの母親・ミヒ

前回テレビ出演した際にユミとジヌクの一件を洗いざらい話したことがきっかけでユミの母親・ミヒはテレビの公開生放送に単独出演します。

ユミの母親・ミヒは「愛しているなら離しちゃダメ!」とユミに公開エールを送ります。

③お互いのもとへ走るユミとジヌク

母親・ミヒのエールを聞いたユミはジヌクのもとに走ります。

そして、ユミからの連絡を受けたジヌクもまたユミのもとへと走ります。

会社(テボクグループ本社)のロビーで再会したユミとジヌクは熱い抱擁をかわし・・・。

④交際をスタートさせるヒョンテとチュ・ヘリ

ジヌクとユミの熱愛が報じられ、傷心のチュ・ヘリはヒョンテを飲みに誘います。

南米に一緒に旅行に行くことを決めた2人は交際をスタートさせます。

ヒョンテの「交際記念日だ!」という言葉に喜色満面のヘリが何とも可愛らしい。

⑤永遠の愛を誓うジヌクとユミ

ユミの母親・ミヒの結婚式を終えた会場で永遠の愛を誓うジヌクとユミ。

⑥NGシーンの数々

最後にNGシーンの数々が公開されています。

ソンフン(ジヌク役)、ソン・ジウン(ユミ役)の素顔が垣間見れて楽しいです。