ソンフン、ソン・ジウン(Secretの元メンバー)主演のロマンティック・ラブコメディー「じれったいロマンス」第11話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

「じれったいロマンス」主な登場人物

チャ・ジヌク(ソンフン)
32歳、財閥・テボクグループの総括本部長。父親も呆れる放蕩息子だったが、“ある事件”を きっかけに仕事人間に大変身し、会社の再建に貢献。3年前のある事件をきっかけに恋愛不能に 。
イ・ユミ(ソン・ジウン)
28歳の新人栄養士。長い就職浪人の末、テボクグループ本社の社員食堂に就職。あるトラウマ から男性恐怖症となり、恋愛経験はゼロ。
チョン・ヒョンテ(キム・ジェヨン)
ユミが住むアパートの1Fでメク&ブック(ビール飲む本屋)を経営する青年実業家。売れっ子作家の顔も併せ持つ。ユミとは高校の同級生で親友。
チュ・ヘリ(チョン・ダソル)
売れっ子女性アナウンサー。言い寄ってくる男性は多いが、チャ・ジヌクを10年以上思い続け ている。

第11話「優しいサヨナラ」あらすじ

ジヌクの父親・テボク(テボクグループ会長)がユミが住むアパートを訪れた。

テボクがユミのアパートを訪れた目的はドング(ユミの異父弟)の髪の毛を採取するためだ。

テボクはドング(ユミの異父弟)の髪の毛をDNA鑑定し、ドングがジヌクの息子なのかを確かめようとしていたのだ。

父親の暴走を知ったジヌクもユミのアパートに駆け付けた。

ユミの母親が「ドングは私のお腹を痛めて産んだ子どもよ!」と語ったことでドングがジヌクの息子でないことを知ったチャ親子(ジヌクとテボク)。

「俺は何をやってたんだ・・・。」と愕然とするジヌク。

ジヌクの落胆ぶりを見たユミも「今まで私にしたことや言ったことはドングのためだったの?」と大きなショックを受けるのだった。

そんな中、チュ・ヘリ(有名女子アナ)が番組収録中に号泣してしまう“事件”が発生。

世間は大騒ぎとなり、ジヌクとユミの秘密が暴かれる事態となった。

有る事無い事書きたてたるマスコミ記事で窮地に立ったユミはある決断を下すのだった。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

第11話「優しいサヨナラ」感想

10年間のジヌクへの思いが成就しないチュ・ヘリは可哀想ですが、ユミへの暴言はあんまりですね。

それにジヌクとユミの関係をが公になったのは、彼女(チュ・ヘリ)がマスコミにリークしたことが原因でしょう。

チャ親子(ジヌクとジヌクの父親)がドングを勝手にジヌクの息子と勘違いしたことからジヌクとユミの関係にヒビが入ってしまいました。

ジヌクはユミの問いかけになぜ黙っていたのでしょう?

再び離れ離れになりそうな2人(ジヌクとユミ)は今後どうなってしまうのでしょう?

第11話「優しいサヨナラ」見どころ

①チュ・ヘリから酷い言葉を浴びせられるユミ

仕事を終え、ユミが自宅に向かって歩いているとチュ・ヘリ(有名女子アナ)に出くわします。

泥酔したチュ・ヘリに酷い言葉を浴びせかけられ、ユミは大きなショックを受けます。

チュ・ヘリがユミに浴びせかけた言葉とは?

②ドングがジヌクの息子でないと知るチャ親子

ドングが自分の息子でないと知ったジヌクは「俺は何をやってたんだ・・・。」と愕然とします。

一方、ジヌクの父親・テボクも「彼女(ユミ)はテボクグループをもてあそんだ!」と激怒します。

さらにユミは「今までのジヌクの私に対する言動はドングのためだったの?そうとも知らず、私は勝手にときめいていたの?」と大きなショックを受けます。

ジヌクとユミの間に大きな溝が生まれ・・・。

③ジヌクとユミの秘密が公に

ジヌクとの10年愛が成就しないチュ・ヘリが番組収録中に号泣してしまいます。

その“事件”をきっかけにマスコミが騒ぎ出し、ジヌクとユミの関係が世間に知れ渡ることになります。

ユミは窮地に立たされ・・・。