ソンフン、ソン・ジウン(Secretの元メンバー)主演のロマンティック・ラブコメディー「じれったいロマンス」第8話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

「じれったいロマンス」主な登場人物

チャ・ジヌク(ソンフン)
32歳、財閥・テボクグループの総括本部長。父親も呆れる放蕩息子だったが、“ある事件”を きっかけに仕事人間に大変身し、会社の再建に貢献。3年前のある事件をきっかけに恋愛不能に 。
イ・ユミ(ソン・ジウン)
28歳の新人栄養士。長い就職浪人の末、テボクグループ本社の社員食堂に就職。あるトラウマ から男性恐怖症となり、恋愛経験はゼロ。
チョン・ヒョンテ(キム・ジェヨン)
ユミが住むアパートの1Fでメク&ブック(ビール飲む本屋)を経営する青年実業家。売れっ子作家の顔も併せ持つ。ユミとは高校の同級生で親友。
チュ・ヘリ(チョン・ダソル)
売れっ子女性アナウンサー。言い寄ってくる男性は多いが、チャ・ジヌクを10年以上思い続け ている。

第8話「ビジネスの方法」あらすじ

https://youtu.be/-jpORgZ_z80

ユミは、ジヌクとチャン秘書の会話(「ユミとの食事はビジネスだ!俺は債権者だ!」とジヌクがチャン秘書に語ったこと)が気になっていた。

「利子がつく前に借金を返済しないと!」と考えたユミは一度は断ったジヌクからの夕食の誘いを受けることにした。

予約していたレストランをキャンセルしてしまったため、「俺の家で食事しよう!」と言い出すジヌク。

「夜に一人暮らしの男性の家に入るのは・・・」と躊躇するユミだったが、ジヌクに押し切られて家の中に入った。

鮮やかな包丁さばきと手際で料理を準備するジヌク。

料理が完成し、「さぁ、食べよう!」となった時、トラブルが発生!

なんと、ジヌクの父親(テボクグループ会長)が突然訪ねてきたのだ。

慌てて2Fの書斎に身を隠すユミ。

書斎で“例の宝石箱”を見つけたユミは恐る恐る宝石箱を開けてみた。

宝石箱の中に入っていたのが胸パットだと知り、驚いたユミは思わず宝石箱を落としてしまった。

2Fで物音がしたことを不審に思ったジヌクの父親がジヌクの書斎に入ってみると、そこには・・・・。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

第8話「ビジネスの方法」感想

大事な商談を終えたジヌクとユミは2人きりで祝杯をあげるようです。

ユミがジヌクの家を訪ねた時のようにドキドキの展開です。

酒の力も相まって2人は再び結ばれることになるのでしょうか?

そして、ジヌクの父親(テボクグループ会長)が「ジヌクに女がいるようだ。」と感づいてしまいました。

ジヌクの父親は、どうしてもジヌクとチュ・ヘリ(有名女子アナ)を結婚させたいようなのですが・・・。

ジヌクに女がいることを知ったジヌクの父親はどんな行動に出るのでしょう?

さらにチョン・ヒョンテがユミの気持ちを試す行動に出ましたが、またしても空振りしてしまいました。

ヒョンテはユミから全く男と見られていないようで、ちょっと可愛そうですね。

でも、ヒョンテも女性からモテモテなんで・・・。

第8話「ビジネスの方法」見どころ

①宝石箱の秘密を知ってしまうユミ

ジヌクと食事するため、ジヌクの家を訪れたユミ。

前菜にキスというジヌクの粋な演出の後、ジヌクが作った食事を食べようとした時にトラブルが発生。

なんと、ジヌクの父親(テボクグループ会長)が突然訪ねてきたのです。

慌ててジヌクの書斎に隠れたユミは“例の宝石箱”を見つけます。

恐る恐る宝石箱を開けると・・・。

②大事な商談にユミを同行させるジヌク

ジヌクは大事な海外バイヤーとの商談にユミを専属栄養士として同行させます。

ジヌクと海外バイヤーとの商談場所に着いたユミはびっくり仰天!

果たしてユミが連れてこられた場所とは?

③ユミを襲ったハプニング

海外バイヤーとの大事な商談を終えたジヌクとユミはホテルのラウンジで待ち合わせをします。

ドレスアップしてジヌクの前に現れたユミでしたが・・・。