ソンフン、ソン・ジウン(Secretの元メンバー)主演のロマンティック・ラブコメディー「じれったいロマンス」第6話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

「じれったいロマンス」主な登場人物

チャ・ジヌク(ソンフン)
32歳、財閥・テボクグループの総括本部長。父親も呆れる放蕩息子だったが、“ある事件”を きっかけに仕事人間に大変身し、会社の再建に貢献。3年前のある事件をきっかけに恋愛不能に 。
イ・ユミ(ソン・ジウン)
28歳の新人栄養士。長い就職浪人の末、テボクグループ本社の社員食堂に就職。あるトラウマ から男性恐怖症となり、恋愛経験はゼロ。
チョン・ヒョンテ(キム・ジェヨン)
ユミが住むアパートの1Fでメク&ブック(ビール飲む本屋)を経営する青年実業家。売れっ子作家の顔も併せ持つ。ユミとは高校の同級生で親友。
チュ・ヘリ(チョン・ダソル)
売れっ子女性アナウンサー。言い寄ってくる男性は多いが、チャ・ジヌクを10年以上思い続け ている。

第6話「その気にさせないで」あらすじ

ユミがヒョンテと会う約束をしていることを察知したジヌクは、ユミを帰社させない作戦に出た。

ユミに夕食を2食作らせたうえに3食目の夕食を作るように命じたのだ。

文句タラタラながらも3食目の夕食(ラーメン)を作り上げたユミは食堂で待つジヌクのもとに向かった。

ユミが「3食も夕食を作らせるのは、ヒョンテが原因ですか?」とジヌクに尋ねると、ジヌクは「俺がヒマな人に見えるか?」とはぐらかした。

逆にジヌクはユミに「しゃっくりの原因は俺か?」と尋ねた。

すると、ユミは「本部長を見ると、過去を思い出して、ものすごく困惑するんです!」と答えて、その場から立ち去った。

翌朝、ユミがヒョンテと電話しているのを見たジヌクは嫉妬にかられ、またもユミに無理難題を押し付けた。

昼食10人分の弁当作りと夕食20人分の弁当作りだ。

必死の思いで昼食10人分の弁当を1人で作り上げ、ジヌクのもとに届けたユミだったが・・・。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

第6話「その気にさせないで」感想

まったく、ジヌクも手の込んだことをしますねぇ~。

何はともあれ、お互いの誤解が解けて、ジヌクとユミは急接近しそうな雲行き。

ですが、このままハッピーエンドに突き進んでいったら、物語が終わってしまいますから、まだまだひと波乱もふた波乱もあるのでしょうね。

ヒョンテのユミへの気持ちも少し驚きましたねぇ~。

てっきりヒョンテはユミを女性として好きなことを自覚していると思っていました。

そして、ユミの母親(元アダルト女優)も悪趣味ですね。

自分の若かりし日に出演したアダルト作品を「私の人生で最も美しかった時よ!」とユミの前で鑑賞するんですから。

それに思春期のユミが興味半分で同級生たちと観たアダルト作品に自分の母親が出演していたのは衝撃だったでしょう。

自分がユミの立場だったらと思うとゾッとしますね。

第6話「その気にさせないで」見どころ

①ヒョンテの葛藤

ヒョンテ(ユミの男友だち)は、ユミを友達として好きなのか、女性として好きなのか分からなくて葛藤します。

②食堂でのユミとジヌク

ユミがヒョンテとデートの約束をしていることを察知したジヌクは、ユミを帰社させないように残業を命じます。

残業を終えて帰ろうとするユミをジヌクが呼び止めて・・・。

③緊急入院したジヌクのもとに駆け付けるユミ

ジヌクが緊急入院したことをチャン秘書から聞かされたユミは病院に駆けつけます。

しかし、これはジヌクが仕組んだ作戦でした。

ユミはジヌクの自宅で壊した宝石箱をチュ・ヘリ(有名アナウンサー)へのプロポーズの品だと勘違いしていたのです。

この誤解を解くためにジヌクが手の込んだ芝居を打ちます。

④思いもよらぬ提案

「俺を入院させて、業務に支障をきたした責任を取れ!」とユミに迫るジヌク。

「どう責任を取れば?」と尋ねるユミにジヌクがした提案は?