ソンフン、ソン・ジウン(Secretの元メンバー)主演のロマンティック・ラブコメディー「じれったいロマンス」第1話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

「じれったいロマンス」主な登場人物

チャ・ジヌク(ソンフン)
32歳、財閥・テボクグループの総括本部長。父親も呆れる放蕩息子だったが、“ある事件”を きっかけに仕事人間に大変身し、会社の再建に貢献。3年前のある事件をきっかけに恋愛不能に 。
イ・ユミ(ソン・ジウン)
28歳の新人栄養士。長い就職浪人の末、テボクグループ本社の社員食堂に就職。あるトラウマ から男性恐怖症となり、恋愛経験はゼロ。
チョン・ヒョンテ(キム・ジェヨン)
ユミが住むアパートの1Fでメク&ブック(ビール飲む本屋)を経営する青年実業家。売れっ子作家の顔も併せ持つ。ユミとは高校の同級生で親友。
チュ・ヘリ(チョン・ダソル)
売れっ子女性アナウンサー。言い寄ってくる男性は多いが、チャ・ジヌクを10年以上思い続け ている。

第1話「ロマンスの幕開け」あらすじ

財閥・テボクグループの後継者チャ・ジヌクと女優ナ・エリとのスキャンダルが報じられた。

ジヌクの父親・テボクは、ジヌクの放蕩息子ぶりを見かねて、江原道のリゾートホテル(テボクリゾート)での“修行”を命じた。

※ 放蕩(ほうとう)・・・・・酒色にふけって品行がおさまらないこと。酒や女におぼれること。

嫌々ながらも江原道行きのバスに乗り込むジヌク。

すると、ジヌクが乗り込んだバスに就職浪人3年目のイ・ユミ(ソン・ジウン)が乗車してきた。

ユミは、母親・ミヒの結婚式(再婚)が行われる江原道のリゾートホテル(テボクリゾート)に向かうため、バスに乗車したのだ。

一悶着ありながらも江原道のリゾートホテル(テボクリゾート)に到着した2人。

ジヌクはホテルの支配人からベルボーイの任に就くよう命ぜられ、嫌々ながらも職務に就いた。

一方、ユミは母親・ミヒの結婚式(再婚)に出席し、美味しい料理にご機嫌だった。

しかし、結婚式の最中、スライドショーが上演され、恥ずかしさのあまり席を立ったユミは会場を後にして走り出した。

泣きながら前もよく見ずに走っていたユミはジヌクと出合い頭に衝突してしまい・・・。

「じれったいロマンス」全話(1話~14話)のあらすじ はこちら

第1話「ロマンスの幕開け」感想

イ・ユミ役のソン・ジウンちゃんが可愛いですね。

聞くところによるとアイドルグループ「secret」の元メンバーだとか。

どおりで可愛いわけです。

個人的には「稲村亜美ちゃんをさらに可愛くした感じ」という印象です。

一方のチャ・ジヌク役のソンフンさん。

イケメンで背が高く、肩幅が広い男性という印象ですが、「非の打ち所がないほどのイケメンではない」という印象を受けました。

最悪の出会い方をしたユミとジヌクですが、今後どのように恋へと発展していくのでしょうか?

テボクグループのチャン秘書が異彩を放っていました。

着ている服が全身ピンク色ですし、言動もどこか変です。

このドラマに何かしらのスパイスを与えてくれそうです。

テボクリゾートの近くで飲食店を営なんでいる(?)ジヌクの母親らしき人物も気になります。

ジヌク(ソンフン)とは、疎遠のようですが・・・。

第1話「ロマンスの幕開け」見どころ

①放蕩息子とダメ娘の出会い

財閥・テボクグループ後継者の放蕩息子(ジヌク)と就職浪人3年目のダメ娘(ユミ)が“運命”の出会いをします。

最悪の出会いをした2人でしたが・・・。

②ユミの母親の結婚式

母親の二度目の結婚式(再婚)に出席したユミは美味しい料理に舌鼓を打ち、ご機嫌でした。

しかし、スライドショーが上映されて居ても立っても居られなくなり、席を立ちます。

ユミの母親は昔、アダルト女優をしており、当時の写真がスライドショーに挿入されていたからです。

恥ずかしさのあまり走り出したユミは・・・。

③バスルームでのアクシデント

衝突されたうえに着ていたドレスや髪を汚されてしまったユミはジヌクから謝罪を受けます。

謝罪の印として高級な赤ワインを贈られたユミはバスルームでご機嫌でしたが、床で足を滑らせて転倒してしまい・・・。