韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」最終回(第12話)のあらすじ・感想・見どころをネタバレ(過度なネタバレは無し)を交えて詳しくご紹介します。

さらに 「ゴー・バック夫婦」 を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」の予告編です。

冒頭にはマ・ジンジュ役のチャン・ナラさんとチェ・バンド役のソン・ホジュンさんのインタビューも収録されています。

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」主な登場人物

マ・ジンジュ(チャン・ナラ)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 38歳、専業主婦、、3歳の息子(ソジン)の母親 】2017年、16年連れ添った夫・バンドと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(バンドと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおばさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チェ・バンド(ソン・ホジュン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、製薬会社の営業社員、3歳の息子(ソジン)の父親 】2017年、16年連れ添った妻・ジンジュと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(ジンジュと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおじさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チョン・ナムギル(チャン・ギヨン)
【 年齢不明、韓国大学・史学科の4年生 / 2017年時は韓国歴史の講師 】韓国大学の理事長の息子で女子学生の憧れの的。ジンジュに思いを寄せている。
ミン・ソヨン(コ・ボギョル)
韓国大学(学科不明)の1年生。バンドの初恋の相手。バレエ部の有望株で、男子学生の憧れの的。
アン・ジェウ(ホ・ジョンミン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。大学時代は小心者でガリガリの軟弱男だったが、38歳ではムキムキの肉体派に。
ユン・ボルム(ハン・ボルム)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生、応援団に所属 / 38歳 、エアロビクス教室を経営、未婚 】ジンジュの親友。男勝りでサバサバした性格の持ち主。男が太刀打ちできないほどの酒豪。
コ・ドクジェ(イ・イギョン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。レストラン経営の父を持つおぼっちゃま。お調子者でトラブルメーカー。
チョン・ソル(チョ・へジョン)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 当時は休学し行方不明となったため、38歳時は不明 】ジンジュの親友。ボルムとは大学寮でルームメイト。真面目で親思いの一面がある。

最終回(第12話)「愛する私の戦友よ」あらすじ

ジンジュの身代わりに車に轢かれたバンドは病院に搬送された。

手術は成功し、バンドは一命を取りとめることができた。

バンドと面会するため、何度も病院に足を運んだジンジュだったが、「家族以外は面会禁止」だったため、バンドと面会することができなかった。

しかし、「家族以外は面会禁止」というのはバンドがジンジュを自分から遠ざけるための嘘だった。

ジンジュのことを大事に思ったバンドはジンジュが全てを忘れて最愛の母親と一緒に暮らすことを一番に考えたのだ。

バンドの気持ちを知ったジンジュは母親の胸の中で一晩泣き明かした。

あくる日、ナムギルとのデートを終えて帰宅したジンジュを酒に誘うジンジュの母親。

そこで、ジンジュの母親はジンジュに「いいかげんに子ども(ソジン)の所に帰りなさい!」と切り出した。

驚くジンジュ。

ジンジュの母親はジンジュの部屋を掃除した際にジンジュが自分に宛てた手紙と「死ぬまでにやりたいこと」リストを見てしまっていたのだ。

母親の言葉を聞いたジンジュはバンドと一緒に暮らしたマンション(の建設予定地)に向かった。

すると、バンドもマンション(の建設予定地)に現れた。

ジンジュはバンドに「あなた、帰ろう!私たちの家へ。」と告げるのだった。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

最終回(第12話)「愛する私の戦友よ」感想

ハッピーエンドな結末で良かったです。

もっとも、ハッピーエンドの結末は“既定路線”でしたが・・・。

ほとんどの登場人物がハッピーエンドの結末でしたが、ドクジェだけがどうなったか描かれていませんでした。

ドクジェは一体どうなったのでしょう?

ジンジュとバンドの2人が「もとの世界に戻ろう!」と決心してから、すぐにもとの世界に戻れたのには「出来過ぎ!」の感がありましたが、そこはドラマですからね・・・。

このドラマは「20歳の大学生にタイムスリップする!」という夢のような妄想を掻き立ててくれました。

しかし、その反面、“過去の出来事を変えることで未来を変える”という怖さも考えさせられました。

とにかく「涙あり、笑いあり、トキメキあり」の青春物語を存分に堪能させてもらいました。

それにしても20歳の女子大生と38歳の子持ち主婦を演じたチャン・ナラさん(放送当時36歳)の美貌と演技には驚かされました。

『奇跡の童顔女優』と呼ばれることにも納得です。

チェ・バンドを演じたソン・ホジュンさん、その他の共演者も素晴らしかったです。

この作品は観る者を選ばない(誰でも楽しめる)『ハートフルコメディ』と言えるのではないでしょうか。

最終回(第12話)「愛する私の戦友よ」見どころ

①ダンスの腕前が上達したジェウ

全国大学チアリーディングコンテストの選抜試験(韓国大学の代表を決める試験)に臨んだジェウ。

センターが有力視される恋人・ボルムのパートナーになるため、血のにじむような努力を続けました。

見れたものじゃなかったジェウのダンスですが、格段の進歩を見せてくれます。

格段の進歩を遂げたジェウのダンスは必見です。

②ジンジュとナムギルのデート

ジンジュのバンドへの深い愛を知ったナムギルはジンジュへの思いを断ち切るためにジンジュをデートに誘います。

ピクニックデートを楽しんだ後、夜の公園でナムギルは・・・。

③ジンジュを諭すジンジュの母親

ジンジュの母親はジンジュの部屋を掃除した際にジンジュが自分に宛てた手紙と「死ぬまでにやりたいこと」リストを見てしまいます。

ジンジュが未来からタイムスリップしてきていることを知ったジンジュの母親はジンジュに子ども(ソジン)のもとに帰るように諭します。

母親の言葉にジンジュは・・・。

④2017年の世界に戻ったジンジュとバンド

「ソジンのもとに戻ろう!」と誓ったジンジュとバンドは2017年の世界(2人の離婚直後)に戻ることができました。

タイムスリップした1999年の世界でいくつも“過去を変えてしまった”ことで2017年の世界は多くの変化がありました。

どんな変化があったかは最終回を観てのお楽しみです。