韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」第6話のあらすじ・感想・見どころをネタバレ(過度なネタバレは無し)を交えて詳しくご紹介します。

さらに 「ゴー・バック夫婦」 を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」の予告編です。

冒頭にはマ・ジンジュ役のチャン・ナラさんとチェ・バンド役のソン・ホジュンさんのインタビューも収録されています。

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」主な登場人物

マ・ジンジュ(チャン・ナラ)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 38歳、専業主婦、、3歳の息子(ソジン)の母親 】2017年、16年連れ添った夫・バンドと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(バンドと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおばさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チェ・バンド(ソン・ホジュン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、製薬会社の営業社員、3歳の息子(ソジン)の父親 】2017年、16年連れ添った妻・ジンジュと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(ジンジュと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおじさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チョン・ナムギル(チャン・ギヨン)
【 年齢不明、韓国大学・史学科の4年生 / 2017年時は韓国歴史の講師 】韓国大学の理事長の息子で女子学生の憧れの的。ジンジュに思いを寄せている。
ミン・ソヨン(コ・ボギョル)
韓国大学(学科不明)の1年生。バンドの初恋の相手。バレエ部の有望株で、男子学生の憧れの的。
アン・ジェウ(ホ・ジョンミン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。大学時代は小心者でガリガリの軟弱男だったが、38歳ではムキムキの肉体派に。
ユン・ボルム(ハン・ボルム)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生、応援団に所属 / 38歳 、エアロビクス教室を経営、未婚 】ジンジュの親友。男勝りでサバサバした性格の持ち主。男が太刀打ちできないほどの酒豪。
コ・ドクジェ(イ・イギョン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。レストラン経営の父を持つおぼっちゃま。お調子者でトラブルメーカー。
チョン・ソル(チョ・へジョン)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 当時は休学し行方不明となったため、38歳時は不明 】ジンジュの親友。ボルムとは大学寮でルームメイト。真面目で親思いの一面がある。

第6話「自分らしくいる時が最も輝くのだ」あらすじ

1999年の韓国大学 学園祭がスタートした。

ジンジュは“主婦歴16年”の経験を生かして、史学科の出店ブースで手際よく料理を作っていた。

ナムギル(史学科の4年生で女子学生の憧れの的)は、活き活きと働くジンジュを近くで微笑ましく見ていた。

一方、“16年ぶり”の学園祭に感激もひとしおのバンドはソヨンを連れて学園祭を満喫していた。

バンドとソヨンのイチャイチャぶりに腹をたてたジンジュはバンドを的にした水入り風船投げゲームに挑戦した。

ソジン(ジンジュとバンドの息子)のオムツ換えの経験を生かしたジンジュは次々と水入り風船をバンドに命中させた。

夜になり、学園祭のメインイベント『ミスキャンパス選抜大会』が行われようとしていた。

しかし、人文学部の候補者がドタキャンしてしまった。

困ったイベント主催者はジンジュに白羽の矢をたてた。

ジンジュは予選に出場しており、本選への出場が認められるからだ。

出場を渋るジンジュだったが、バンドの「ビリにさえならなければラッキーだよな!」という言葉に出場を決意するのだった。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

第6話「自分らしくいる時が最も輝くのだ」感想

ミスキャンパス選抜大会で披露したジンジュの歌声が見事でした。

それもそのはずジンジュ役のチャン・ナラさんは女優でもあり、歌手でもあったんですね!

そして、チャン・ナラさんの年齢も知り、びっくりしました。放送当時の2017年は36歳だったんですね。

36歳(当時)で20歳の女子大生を演じても全く違和感がないのはスゴイです。

『奇跡の童顔女優』と呼ばれるのも納得です。

韓国では整形文化が浸透しているようですが、チャン・ナラさんは整形なしの美貌なんでしょうか?

ミスキャンパス選抜大会に出場するジンジュを見て、バンドの様子が変わりました。

“元妻”の魅力に今さら気づいたのでしょうか?

ミスキャンパス選抜大会に出場したジンジュは本当に輝いていました。

それと、ボルムがジェウと交際する理由が気がかりです。

ドクジェに告げた交際理由は本心なのでしょうか?

もっとも、ボルムが弱々しいジェウとなぜ付き合おうとしたのか謎ではありますが・・・。

第6話「自分らしくいる時が最も輝くのだ」見どころ

①見事な包丁さばきと手際で料理を作るジンジュ

学園祭の出店ブースでジンジュは見事な包丁さばきと手際で料理を作ります。

“主婦歴16年”はダテじゃありません。

②太陽の末裔のパロディ

学園祭の出店ブースで100人分の料理を用意すると聞いて頭を抱えるジンジュ。

すると、そこに軍服を着た5人組の男たちが現れます。リーダーとおぼしき男性がサングラスを外すと・・・。

このシーンはドラマ『太陽の末裔』で主人公のユ・シジンとカン・モヨンがウルクで再会を果たすシーンのパロディです。

③ジンジュとバンドの激しいバトル

お互いのことが気に食わないジンジュとバンドのバトルが激化します。

口八丁手八丁でお互いを攻撃します。

④ミスキャンパス選抜大会に出場するジンジュ

人文学部の候補者がドタキャンしたため、急きょピンチヒッターでミスキャンパス選抜大会に出場することになったジンジュ。

ジンジュは可憐なドレスで登場し、見事な歌声を披露します。

輝きを放つジンジュにバンドは・・・。

⑤ボルムがジェウと交際する理由が明らかに

ドクジェがボルムにジェウと交際する理由を尋ねます。

ドクジェの問いにボルムは何と答えるのでしょうか?