韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」第5話のあらすじ・感想・見どころをネタバレ(過度なネタバレは無し)を交えて詳しくご紹介します。

さらに 「ゴー・バック夫婦」 を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」の予告編です。

冒頭にはマ・ジンジュ役のチャン・ナラさんとチェ・バンド役のソン・ホジュンさんのインタビューも収録されています。

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」主な登場人物

マ・ジンジュ(チャン・ナラ)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 38歳、専業主婦、、3歳の息子(ソジン)の母親 】2017年、16年連れ添った夫・バンドと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(バンドと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおばさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チェ・バンド(ソン・ホジュン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、製薬会社の営業社員、3歳の息子(ソジン)の父親 】2017年、16年連れ添った妻・ジンジュと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(ジンジュと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおじさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チョン・ナムギル(チャン・ギヨン)
【 年齢不明、韓国大学・史学科の4年生 / 2017年時は韓国歴史の講師 】韓国大学の理事長の息子で女子学生の憧れの的。ジンジュに思いを寄せている。
ミン・ソヨン(コ・ボギョル)
韓国大学(学科不明)の1年生。バンドの初恋の相手。バレエ部の有望株で、男子学生の憧れの的。
アン・ジェウ(ホ・ジョンミン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。大学時代は小心者でガリガリの軟弱男だったが、38歳ではムキムキの肉体派に。
ユン・ボルム(ハン・ボルム)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生、応援団に所属 / 38歳 、エアロビクス教室を経営、未婚 】ジンジュの親友。男勝りでサバサバした性格の持ち主。男が太刀打ちできないほどの酒豪。
コ・ドクジェ(イ・イギョン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。レストラン経営の父を持つおぼっちゃま。お調子者でトラブルメーカー。
チョン・ソル(チョ・へジョン)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 当時は休学し行方不明となったため、38歳時は不明 】ジンジュの親友。ボルムとは大学寮でルームメイト。真面目で親思いの一面がある。

第5話「初恋の基準」あらすじ

https://youtu.be/9ahrRm2zVoU

ジンジュとバンドが2017年の世界から1999年の世界にタイムスリップしてから数日が経過していた。

ジンジュとバンドは自分たちの息子・ソジンに思いを馳せると共にジンジュの母親・ウンスクの心配をしていた。

そんな中、バンドはソヨン(バンドの初恋の女性)から映画に誘われた。

友人から映画に行く約束を反故(ほご)にされたソヨンがバンドに白羽の矢を立てたのだ。

喜び勇んで映画館に到着したバンドは困惑した。

ソヨンに連れてこられた映画館はジンジュの父親・パンソクが勤務する映画館だったからだ。

「広いんだから、顔を合わせないよな!」と恐る恐る映画館の中に入るバンド。

しかし、不運にもジンジュの父親と会ってしまったバンドは急いでトイレに逃げ込んでしまうのだった。

「浮気じゃないんだから、堂々としてろ!」と気を取り直したバンドがロビーに向かうと、今度はそこにジンジュの姿があった。

ジンジュもまた史学科の先輩で女子学生の憧れの的・ナムギルと映画を観に来ていたのだ。

思わぬ場所で会ってしまったジンジュとバンドはお互いを意識して・・・。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

第5話「初恋の基準」感想

ソヨンはバンドに、ナムギルはジンジュにそれぞれ心を奪われ始めています。

これはもう後戻りができない“デッドライン”まで来てしまっている印象です。

ジンジュとバンドはこのまま流れに身を任せて、別々の道を歩むことになってしまうのでしょうか?

また、ジェウとボルムの交際がスタートしました。

男勝りでサバサバした性格のボルムが何故ガリガリで弱々しいジェウのことが好きになったのかよく分かりません。

2017年の世界でジェウは「ボルムと付き合ったことで人生が台無しだぁ~。」と嘆いていましたが、2人の間に何があったのでしょう?興味津々です。

ボルムは魅力的な女性ですから、彼女の“魔性”に取りつかれても無理はありませんが・・・。

それにしてもジェウの踊りはヒドいですね(笑)。

第5話「初恋の基準」見どころ

①ボルムに告白させられるジェウ

ボルムの策略によってジェウがボルムに告白し、2人の交際がスタートします。

2017年の世界でジェウは「ボルムと付き合ったことで人生が台無しだ!あんな女には地獄に落ちて欲しい。」と嘆いていましたが・・・。

②神のいたずら

2人で映画を観に行くことになったバンドとソヨン(バンドの初恋の女性)はバスで映画館に向かいます。

道中、バスは何度も急停車し、その度にソヨンはバンドに抱きつきます。

ドキドキの青春シーンです。

③映画館でニアミスするバンドとジンジュ

あり得ないような偶然ですが、バンドとジンジュが映画館でニアミスします。

実際の1999年にはバンドとジンジュが2人で映画を観に来ますが、今回はお互い相手が違います(バンドはソヨンとジンジュはナムギルと)。

お互いを意識するバンドとジンジュは・・・。

④ソヨンから手を繋がれるバンド

映画デートの帰り道、バンドはソヨンから手を繋がれます。

“中年オヤジ”の包容力(?)に惹かれたソヨンはバンドのことが好きになってきている様子です。

⑤ナムギルに告白されるジンジュ

ジンジュの魅力に取りつかれたナムギルはジンジュに「お前が好きだ!」と告白します。

外見は20歳の女子大生、内面は38歳の子持ちのおばさん・ジンジュは戸惑いますが・・・。

⑥雨中にすれ違う2人

突然降り出した雨。

傘を忘れたソヨンを見つけたバンドは自分の傘にソヨンを招き入れます。

また、壊れた傘を持つジンジュを見つけたナムギルは自分の傘にジンジュを招き入れます。

2組の相合傘は大学の構内ですれ違いますが・・・。