韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」第4話のあらすじ・感想・見どころをネタバレ(過度なネタバレは無し)を交えて詳しくご紹介します。

さらに 「ゴー・バック夫婦」 を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」の予告編です。

冒頭にはマ・ジンジュ役のチャン・ナラさんとチェ・バンド役のソン・ホジュンさんのインタビューも収録されています。

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」主な登場人物

マ・ジンジュ(チャン・ナラ)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 38歳、専業主婦、、3歳の息子(ソジン)の母親 】2017年、16年連れ添った夫・バンドと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(バンドと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおばさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チェ・バンド(ソン・ホジュン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、製薬会社の営業社員、3歳の息子(ソジン)の父親 】2017年、16年連れ添った妻・ジンジュと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(ジンジュと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおじさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チョン・ナムギル(チャン・ギヨン)
【 年齢不明、韓国大学・史学科の4年生 / 2017年時は韓国歴史の講師 】韓国大学の理事長の息子で女子学生の憧れの的。ジンジュに思いを寄せている。
ミン・ソヨン(コ・ボギョル)
韓国大学(学科不明)の1年生。バンドの初恋の相手。バレエ部の有望株で、男子学生の憧れの的。
アン・ジェウ(ホ・ジョンミン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。大学時代は小心者でガリガリの軟弱男だったが、38歳ではムキムキの肉体派に。
ユン・ボルム(ハン・ボルム)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生、応援団に所属 / 38歳 、エアロビクス教室を経営、未婚 】ジンジュの親友。男勝りでサバサバした性格の持ち主。男が太刀打ちできないほどの酒豪。
コ・ドクジェ(イ・イギョン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。レストラン経営の父を持つおぼっちゃま。お調子者でトラブルメーカー。
チョン・ソル(チョ・へジョン)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 当時は休学し行方不明となったため、38歳時は不明 】ジンジュの親友。ボルムとは大学寮でルームメイト。真面目で親思いの一面がある。

第4話「再び心臓がときめく」あらすじ

オンエア中とも知らず、大学の放送室で派手にやり合ったジンジュとバンド。

放送室での2人の会話は大学中の学生に“生放送”として放送されてしまった。

会話が衝撃的な内容だったため、ジンジュとバンドの会話は大学中の噂になった。

幸いなことに会話の主がジンジュとバンドであることは多くの学生にバレておらず、2人は公の場でケンカをしないことに決めた。

しかし、ジンジュの友人のソルだけは会話の主がジンジュとバンドだということを知っていたため、バンドに厳しい視線を送るのだった。

大学の全学生が“離婚夫婦”捜しに躍起になる中、バンドは初恋の人・ソヨンにアプローチを続けていた。

無理なダイエットでバレエの稽古中に倒れてしまったソヨンを焼肉屋に連れ出したバンドは次第にソヨンから好意を持たれるようになっていった。

一方のジンジュも史学科の先輩で女子学生の憧れの的・ナムギルから好意を持たれ始めていた。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

第4話「再び心臓がときめく」感想

マズい展開になってきました。

ジンジュとバンドは“夫婦関係”を修復するどころか別の相手と“いい仲”になりそうな雲行きなのです。

それにしても「ゴー・バック夫婦」に登場する女性たちは魅力的な女性が多いですね。

バンドの元妻・ジンジュ、ジンジュの親友・ボルム、バンドの初恋の人・ソヨン。

3人とも全くタイプが違う女性ですが、三者三様の魅力があります。

1つ気になる点が出てきました。

2017年の世界でジンジュの母親が既に亡くなっていましたが、どうやらジンジュの母親の死にバンドが関わっているようなのです。

回想シーンではジンジュの母親の墓前で何度も何度も頭を下げるバンドとバンドを責めるジンジュの姿がありました。

いったい何があったのでしょうか?

第4話「再び心臓がときめく」見どころ

①門から頭が抜けなくなったドクジェ

クラブから学生寮に戻ろうとしたバンドの悪友のジェウとドクジェ。

しかし、学生寮に通じる門は固く施錠されているように思われました。

そこで、ドクジェは格子状の門に頭を突っ込み、すり抜けようとしますが、すり抜けることができません。

頭を門から出そうにも二進も三進もいきません。そのうち雨も降り出し・・・。

②ボルムの見事なダンス

2017年の世界ではエアロビックダンスの教室を経営するボルム。

韓国大学在籍中はアシュラ応援団で活躍していました。

ボルムにそそのかされて(?)アシュラ応援団に入団したジェウはボルムの颯爽(さっそう)としたダンスを目の当たりにします。

この凛々しい姿を見せられてはジェウがボルムに惚れてしまうのも無理ありません。

③ジンジュに心惹かれていくナムギル

女子学生の憧れの的・ナムギルが次第にジンジュに惹かれていきます。

何をするにも危なっかしいジンジュのことを放っておくことができないナムギルは・・・。

④初恋の人・ソヨンとの距離を縮めるバンド

当時は高値の花で話すこともできなかった初恋の人・ソヨンとの距離を着実に縮めていくバンド。

“中年オヤジ”の包容力で次第にソヨンがバンドに惹かれていきます。

⑤ジンジュの母親・ウンスクの死の秘密

2017年の世界ではジンジュの母親・ウンスクは既に亡くなっていました。

どうやらジンジュの母親・ウンスクの死にバンドが関わっているようです。

ジンジュの母親・ウンスクは何故亡くなってしまったのでしょうか?