韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」第3話のあらすじ・感想・見どころをネタバレ(過度なネタバレは無し)を交えて詳しくご紹介します。

さらに 「ゴー・バック夫婦」 を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」の予告編です。

冒頭にはマ・ジンジュ役のチャン・ナラさんとチェ・バンド役のソン・ホジュンさんのインタビューも収録されています。

https://youtu.be/_7CmZDkkG1s
「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」主な登場人物

マ・ジンジュ(チャン・ナラ)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 38歳、専業主婦、、3歳の息子(ソジン)の母親 】2017年、16年連れ添った夫・バンドと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(バンドと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおばさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チェ・バンド(ソン・ホジュン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、製薬会社の営業社員、3歳の息子(ソジン)の父親 】2017年、16年連れ添った妻・ジンジュと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(ジンジュと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおじさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チョン・ナムギル(チャン・ギヨン)
【 年齢不明、韓国大学・史学科の4年生 / 2017年時は韓国歴史の講師 】韓国大学の理事長の息子で女子学生の憧れの的。ジンジュに思いを寄せている。
ミン・ソヨン(コ・ボギョル)
韓国大学(学科不明)の1年生。バンドの初恋の相手。バレエ部の有望株で、男子学生の憧れの的。
アン・ジェウ(ホ・ジョンミン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。大学時代は小心者でガリガリの軟弱男だったが、38歳ではムキムキの肉体派に。
ユン・ボルム(ハン・ボルム)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生、応援団に所属 / 38歳 、エアロビクス教室を経営、未婚 】ジンジュの親友。男勝りでサバサバした性格の持ち主。男が太刀打ちできないほどの酒豪。
コ・ドクジェ(イ・イギョン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。レストラン経営の父を持つおぼっちゃま。お調子者でトラブルメーカー。
チョン・ソル(チョ・へジョン)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 当時は休学し行方不明となったため、38歳時は不明 】ジンジュの親友。ボルムとは大学寮でルームメイト。真面目で親思いの一面がある。

第3話「再び訪れた春の日」あらすじ

20歳の自分に戻るという奇跡は一日限りの夢物語だと感じていたジンジュとバンド。

しかし、あくる日の朝に目覚めたジンジュとバンドは20歳のままだった。

バンドは歓喜の雄叫びをあげ、「今を楽しもう!」と誓った。

早速、バンドは初恋の人ミン・ソヨンから電話番号を聞き出すことに成功した。

中年の粘り強さに加え若さを身にまとったバンドは怖いものなしだったのだ。

一方、息子・ソジンのことを思い出したジンジュは「バンドに会わなければ・・・。」と思うのだった。

大学の授業がきっかけでジンジュも2017年から1999年にタイムスリップしてきていることに気づいたバンド。

バンドはジンジュを呼び出し、「別々に生きよう!戦友よ、さらば!」と告げた。

すると、ジンジュも「達者で!」と応じるのだった。

バンドの言葉と大学教授の言葉に触発されたジンジュはルームメイトのボルムとソルを伴ってクラブに繰り出した。

ご機嫌で踊りまくっていたジンジュだったが、バンドの姿を見つけ・・・。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

第3話「再び訪れた春の日」感想

「再び青春が戻って来る!」なんて浪漫ですね。

自分に置き換えて「ああしたい、こうしたい!」という思いがこみ上げてきます。

ですが、ジンジュの「ソジン(ジンジュとバンドの息子)はどうなるの?」というジンジュの言葉は重いですね。

このままジンジュとバンドが別々の人生を歩むことになったら、2人の間にできた息子のソジンはこの世に生を享けないわけですから・・・。

そして、2人の会話が大学の構内放送で流れてしまい、他の学生たちに2人の秘密が周知されてしまいました。

幸い、多くの学生はジンジュとバンドだと気づいていないようです。

しかし、ジンジュのルームメイトのソルだけはジンジュとバンドだと知ってしまったようです。

2人の秘密を知ってしまったソルはどういう行動に出るのでしょうか?

第3話「再び訪れた春の日」見どころ

①ジンジュに別離を伝えるバンド

大学の授業がきっかけでバンドは自分同様にジンジュも2017年から1999年にタイムスリップしてきていることに気づきます。

その事実を知ったバンドはジンジュを呼び出し、「お互い、別々に生きよう!」と告げます。

②ナムギルに抱きつくジンジュ

クラブに出陣しようとしたジンジュはドレスアップし、人生初めてのハイヒールを履きます。

大学の構内から外に通じる急坂で自然に走り出してしまったジンジュは自分の力で止まることができなくなります。

「そこをどいてぇ~どいてぇ~」と叫んだ先にはナムギルが立っていました。

③クラブでの一夜

バンドの「今を楽しむ!」、大学教授の「若さをムダにするな!」という言葉に触発されたジンジュは友人のボルムとソルを誘ってクラブに繰り出します。

ご機嫌で踊りまくっていたジンジュでしたが、クラブでバンドの姿を見つけ・・・。

④大学内に流れるジンジュとバンドの会話

クラブに行った翌朝、バンドはジンジュを大学の放送室に連れ込みます。

クラブでのジンジュの大暴走をとがめるバンドでしたが、ジンジュとバンドの会話は大学構内に筒抜けになっていました。

足を止めて2人の会話に耳を傾ける学生たち。

2人だけの秘密が周知の事実となってしまったジンジュとバンドはどうなってしまうのか?