韓国ドラマ「ゴー・バック夫婦」第2話のあらすじ・感想・見どころをネタバレ(過度なネタバレは無し)を交えて詳しくご紹介します。

さらに 「ゴー・バック夫婦」 を無料で見る“とっておきのウラ技”もご紹介します。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」の予告編です。

冒頭にはマ・ジンジュ役のチャン・ナラさんとチェ・バンド役のソン・ホジュンさんのインタビューも収録されています。

「ゴー・バック夫婦」予告編

「ゴー・バック夫婦」主な登場人物

マ・ジンジュ(チャン・ナラ)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 38歳、専業主婦、、3歳の息子(ソジン)の母親 】2017年、16年連れ添った夫・バンドと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(バンドと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおばさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チェ・バンド(ソン・ホジュン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、製薬会社の営業社員、3歳の息子(ソジン)の父親 】2017年、16年連れ添った妻・ジンジュと離婚した途端、1999年5月の大学1年生(ジンジュと出会う前)にタイムスリップ(心は38歳のおじさんのままで容姿は20歳に戻る)。恋も人生もやり直そうとするが・・・。
チョン・ナムギル(チャン・ギヨン)
【 年齢不明、韓国大学・史学科の4年生 / 2017年時は韓国歴史の講師 】韓国大学の理事長の息子で女子学生の憧れの的。ジンジュに思いを寄せている。
ミン・ソヨン(コ・ボギョル)
韓国大学(学科不明)の1年生。バンドの初恋の相手。バレエ部の有望株で、男子学生の憧れの的。
アン・ジェウ(ホ・ジョンミン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。大学時代は小心者でガリガリの軟弱男だったが、38歳ではムキムキの肉体派に。
ユン・ボルム(ハン・ボルム)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生、応援団に所属 / 38歳 、エアロビクス教室を経営、未婚 】ジンジュの親友。男勝りでサバサバした性格の持ち主。男が太刀打ちできないほどの酒豪。
コ・ドクジェ(イ・イギョン)
【 20歳、韓国大学・土木科の1年生 / 38歳、サラリーマン(?)、未婚 】バンドの親友。レストラン経営の父を持つおぼっちゃま。お調子者でトラブルメーカー。
チョン・ソル(チョ・へジョン)
【 20歳、韓国大学・史学科の1年生 / 当時は休学し行方不明となったため、38歳時は不明 】ジンジュの親友。ボルムとは大学寮でルームメイト。真面目で親思いの一面がある。

第2話「思い出とは都合よく記憶される」あらすじ

20歳の大学生に戻ったジンジュとバンドは浮かれ気分で大学に通学した。

しかし、18年前(1999年)の記憶が曖昧なジンジュとバンドはいくつかの失敗をしてしまうのだった。

ジンジュとバンドの言動を不審がる双方の友人たち。

そこで、ジンジュとバンドは双方の友人たちに「18年先の2017年からタイムスリップしてきた」ことを伝えた。

荒唐無稽な話しを信じようとしないジンジュとバンドの友人たち。

学食ですれ違ったジンジュとバンドだったが、お互い「関わらないように」と念じてお互いを無視した。

しかし、あろうことかその夜の合コンでジンジュとバンドは一緒になってしまった。

1999年の“この日”はまさにジンジュとバンドが初めて出会った日だったのだ。

お互いに「関わらないぞ!」と強く念じるジンジュとバンド。

バンドの言動からバンドが自分と同じように2017年からタイムスリップしてきたことを察知したジンジュ。

しかし、ジンジュが2017年からタイムスリップしてきていることに全く気づいていないバンドは驚きの行動に出るのだった。

「ゴー・バック夫婦」全話(1話~12話)のあらすじ はこちら

第2話「思い出とは都合よく記憶される」感想

2人が出会った合コンでジンジュに「お前は勉強だけして、一生独身を貫け!」と言い放ったバンド。

実際の1999年の合コンとは真逆の行動を取ったバンドですが、ジンジュとの仲は“これっきり”となってしまうのでしょうか?

そして、バンドは初恋の人・ソヨンと再会し、ジンジュも女の子にモテモテの御曹司チョン・ナムギルとつながりができます。

お互い、“違う相手”に接近しそうな展開ですが、この後どうなりますか?

第2話「思い出とは都合よく記憶される」見どころ

①東方神起・ユンホのカメオ出演

バンド役のソン・ホジュンと親友の東方神起・ユンホがカメオ出演しています。

90年代ファッションで登場するユンホと言葉巧みに女性に幼児用教材を売りつけようとする“調子のいい”営業マンを演じるユンホに注目です。

②バンドのささやかな復讐

2017年の世界で「犬にも劣る扱い」を受けていたパク・ヒョンソク(2017年の世界では開業医)に1999年の世界で出会ったバンド。

バンドはパク・ヒョンソク(1999年当時は医学部の学生)にささやかな復讐をします。

③ジンジュとバンドが参加した合コン

お互いを避けていたジンジュとバンドでしたが、あろうことか合コンで向かい合わせの席に座ってしまいます。

「関わらないぞ!」「関わらないわ!」と固く誓ったジンジュとバンドでしたが・・・。

④バンドが初恋の人と再会

バンドが初恋の人ミン・ソヨンと出会います。

当時のバンドは“うぶ”でソヨンと口も聞けなかったのですが、1999年にタイムスリップしたバンドは積極的にソヨンに声をかけます。

バンドに声をかけられたソヨンはバンドのことを「知ってもいないし、知らなくもないわ!」と意味深な言葉をつぶやきます。

⑤タクシーと間違えてナムギルの車に乗るジンジュ

息子・ソジンのことを思い出したジンジュは涙が止まらなくなります。

そして、タクシーと間違って乗った車は交際を断ったチョン・ナムギル(大学の先輩)の車でした。