コメディ界NO.1俳優と呼ばれるセス・ローゲンが監督兼製作総指揮を務めたSFコメディ「フューチャーマン」シーズン1が日本に初上陸しました。

「フューチャーマン」は既にシーズン2が製作され、シーズン3の製作準備が進む人気シリーズです。

今回は、「フューチャーマン」シーズン1・第4話のあらすじ・感想・見どころをネタバレを交えて詳しくご紹介します。

「フューチャーマン」シーズン1・全話(1話~13話)のあらすじ をご覧になりたい方はこちら

『フューチャーマン』シーズン1・主な登場人物

ジョシュ・ファッターマン(ジョシュ・ハッチャーソン)
2017年のロサンゼルスに住むオタク青年。世界で誰も攻略したことがない超難関ビデオゲーム『バイオティック・ウォーズ』を攻略したことで人類の救世主・フューチャーマンとなる。
タイガー(イライザ・クープ)
人類絶滅の危機を救うため、2162年の地球からやって来た未来人。レジスタンスと呼ばれる小部隊の隊長。
ウルフ(デレク・ウィルソン)
人類絶滅の危機を救うため、2162年の地球からやって来た未来人。レジスタンスと呼ばれる小部隊の隊員で爆破担当。139の任務を遂行し、217人を殺した過去を持つ。

第4話「燃料はどこに?」あらすじ

タイガーとウルフは、クロ―二ッシュ博士が赤ちゃんだった時代にタイムスリップして、クロ―二ッシュ博士を殺害しようと考えた。

しかし、TTD(タイムトラベル装置)が戦闘で損傷し、燃料のキャメロニウムが少なくなっていた。

よくてタイムトラベル1回分のキャメロニウムしか残っていなかった。

すなわち、クロ―二ッシュ博士が赤ちゃんだった時代にタイムスリップできても、現代には戻って来れないことになる。

そこで、キャメロニウム補給後に赤ちゃん時代のクロ―二ッシュ博士を殺害しに行くことになった。

キャメロニウムを求めて2017年12月のロサンゼルスを歩き回るタイガーとウルフ。

しかし、キャメロニウムを発見することができなかった。

そこで、3人(タイガー、ウルフ、ジョシュ)はライル教授のもとを訪ねた。

ジョシュ行きつけのビデオゲーム店の女性店員の元カレがライル教授( 化学の教授 )だったからだ。

ライル教授にキャメロニウムが入手できる場所を聞き出す3人(タイガー、ウルフ、ジョシュ) 。

しかし、ライル教授の様子がどうにもおかしかった・・・。

「フューチャーマン」シーズン1・全話(1話~13話)のあらすじ をご覧になりたい方はこちら

第4話「燃料はどこに?」感想

TTD(タイムトラベル装置)の燃料となるキャメロニウムを捜し求めた3人(タイガー、ウルフ、ジョシュ)でしたが、結局キャメロニウムを発見できませんでした。

残り1回分の燃料でタイムトラベルを決行するのでしょうか?それとも?

1969年7月20日のロサンゼルスで同僚警官(サンティアゴ)をウルフに殺されたヴィンセントが48年経った現在もタイガーとウルフを捕まえようとしていました。

何という執念でしょう。

ルパン三世を追いかける銭形警部並みの執念です。

タイガーとウルフの行方を追うヴィンセントが物語に深く関わってくる予感がします。

第4話「燃料はどこに?」見どころ

TTD(タイムトラベル装置)の燃料となるキャメロニウムを求めてライル教授のもとを訪ねた3人(タイガー、ウルフ、ジョシュ)。

タイガーとウルフから一度は“見限られ”かけたジョシュでしたが、必死のパッチでチーム復帰を勝ち取りました。