韓国若手NO.1スター、パク・ボゴムと韓国トップ女優ソン・ヘギョ共演の「ボーイフレンド」は、今世紀最高のロマンティック・ラブストーリーと話題になっています。

今回はそんな「ボーイフレンド」第13話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくお伝えしたいと思います。

「ボーイフレンド」スペシャルダイジェスト

「ボーイフレンド」の主な登場人物

キム・ジニョク(パク・ボゴム)
29歳、トンファホテル広報部の新入社員。トンファホテル代表のチャ・スヒョンとはハバナ(キューバ)での“旅の友”。
チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)
トンファホテルの代表。赤字のトンファホテルを業界1位に押し上げたやり手経営者。

第13話「2人を引き裂くもの」あらすじ

テギョングループ前会長の法事の夜、スヒョン(ソン・ヘギョ)はジニョク(パク・ボゴム)の実家を訪れた。

ジニョク(パク・ボゴム)が慕うイ先生を囲んだ夕食会に招かれていたからだ。

和やかな雰囲気で会食を終えたスヒョン(ソン・ヘギョ)は帰路についた。

しかし、スヒョン(ソン・ヘギョ)の行動は波紋を広げていた。

「テギョン(グループ)とチャ議員(スヒョンの父親)の縁もこれまで!」とマスコミは騒ぎ立て、キム・ファジン(テギョングループ会長)は前会長の法事に欠席したスヒョン(ソン・ヘギョ)に憤慨していた。

キム・ファジン(テギョングループ会長)は、スヒョン(ソン・ヘギョ)をトンファホテル代表の座から引きずり下ろし、息子ウソク(テギョングループ代表)を単独代表にするようチェ理事に指示した。

そんな中、“キューバの件”の調査を依頼していたナム室長から驚きの調査結果が届いた。

“キューバの件”に関わっていたのが広報部のイ課長だというのだ。

対応に悩んだスヒョン(ソン・ヘギョ)はジニョク(パク・ボゴム)に相談し、イ課長の処遇を決めた。

スヒョン(ソン・ヘギョ)はイ課長を告訴も解雇もせず、自らが理事会の席で事件について語るよう伝えた。

そして、スヒョン(ソン・ヘギョ)は、イ課長にキューバのハバナホテルへの異動を命じた。

第13話「2人を引き裂くもの」見どころ

①ジニョクの実家を訪れたスヒョン

テギョングループ前会長の法事の夜、スヒョン(ソン・ヘギョ)がジニョク(パク・ボゴム)の実家を訪れます。

スヒョン(ソン・ヘギョ)の覚悟がうかがえます。

②ジニョクのプロポーズ

ジニョク(パク・ボゴム)はスヒョン(ソン・ヘギョ)にプロポーズします。

しかし、スヒョン(ソン・ヘギョ)は返答しようとしません。

スヒョン(ソン・ヘギョ)が返答をためらう理由とは?

③トンファホテルの定例理事会

トンファホテルで定例の理事会が開かれます。

この理事会でチョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)とチェ理事は任期満了に伴ってスヒョン(ソン・ヘギョ)を代表の座から退かせようと画策していました。

しかし、スヒョン(ソン・ヘギョ)が重要事案を持ち出し・・・。

④スヒョンの自宅での食事会

“キューバの件”が片づいたスヒョン(ソン・ヘギョ)は、ジニョク(パク・ボゴム)、ナム室長(スヒョンの運転手)、チャン・ミジン(スヒョンの秘書)を招いて食事会を開きます。

スヒョン(ソン・ヘギョ)は、手料理でもてなします。

⑤ジニョクの母・ヨンジャの願い

ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)の交際をジニョクの父親・ジャンスとジニョクの弟・ジンミョンは応援すると言ってくれました。

しかし、ジニョクの母・ヨンジャは苦悩していました。

そんなジニョクの母・ヨンジャはジニョク(パク・ボゴム)に内緒でスヒョン(ソン・ヘギョ)と会うことになります。

ジニョクの母・ヨンジャがスヒョン(ソン・ヘギョ)に打ち明けた願いとは?

第13話「2人を引き裂くもの」感想

テギョングループとの決別を内外に示したスヒョン(ソン・ヘギョ)の覚悟は素晴らしかったですね。

結婚に向けて一直線に見えたジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)でしたが、困った事態になりました。

ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)の前に立ちふさがる障壁はテギョングループなどの外部だけではなかったのです。

ジニョクの母・ヨンジャの願いを聞いたスヒョン(ソン・ヘギョ)はどのような決断を下すでしょうか?

さらに母の願いを知ったジニョク(パク・ボゴム)はどんな行動に出るでしょうか?

そして、スヒョン(ソン・ヘギョ)が料理上手とは意外でした。

てっきり料理はしない人だと思っていました。