韓国若手NO.1スター、パク・ボゴムと韓国トップ女優ソン・ヘギョ共演の「ボーイフレンド」は、今世紀最高のロマンティック・ラブストーリーと話題になっています。

今回はそんな「ボーイフレンド」第11話のあらすじと視聴した感想、見どころを詳しくお伝えしたいと思います。

「ボーイフレンド」スペシャルダイジェスト

「ボーイフレンド」の主な登場人物

キム・ジニョク(パク・ボゴム)
29歳、トンファホテル広報部の新入社員。トンファホテル代表のチャ・スヒョンとはハバナ(キューバ)での“旅の友”。
チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)
トンファホテルの代表。赤字のトンファホテルを業界1位に押し上げたやり手経営者。

第11話「幸せな僕の居場所」あらすじ

キューバから帰国したジニョク(パク・ボゴム)は、トンファホテル本社・広報部に復帰した。

そして、スヒョン(ソン・ヘギョ)は、“キューバの件”の調査をナム室長(元新聞記者)に依頼した。

“キューバの件”とは、誤った情報を地主(スヒョンがキューバに建設を予定しているホテル候補地の地主)に流し、契約をご破算に追い込もうとした社内クーデターのことだ。

スヒョン(ソン・ヘギョ)は、“キューバの件”の背後を秘密裏に暴こうと考えていた。

同じ頃、チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)は、トンファホテルのチェ理事を呼び出していた。

チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)は、チェ理事が“キューバの件”を背後で操っていたことを知っていたのだ。

チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)は、トンファホテルの経営に参画するためにチェ理事に協力を要請した。

チェ理事は自らの保身のためにチョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)の要請を拒めないのだ。

チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)は、ひとまずトンファホテルの共同代表に就任し、いずれは単独でトンファホテルの代表に就任しようと画策していた。

チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)の狙いはいったい何なのか?

第11話「幸せな僕の居場所」見どころ

①キューバの休日

地主(スヒョンがキューバに建設を予定しているホテル候補地の地主)との問題を解決したジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)は束の間の“キューバの休日”を楽しみます。

ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)のイチャイチャぶりに注目。

②ジニョクの決意

息子・ジニョク(パク・ボゴム)がトンファホテル代表のスヒョン(ソン・ヘギョ)と交際していることを知ったジニョク(パク・ボゴム)の父親ジャンス。

ジニョク(パク・ボゴム)の父親ジャンスは奥さん(ジニョクの母親)に内緒でジニョク(パク・ボゴム)と密談します。

その場で父親ジャンスに語ったジニョク(パク・ボゴム)の決意とは?

③ジニョクとスヒョンの屋台デート

ジニョク(パク・ボゴム)との賭けに負けたスヒョン(ソン・ヘギョ)はジニョク(パク・ボゴム)に夕食をご馳走します。

酔った勢い(?)で本音を吐露するスヒョン(ソン・ヘギョ)が可愛いです。

④急接近の2人

「タイプじゃないから、私のことは諦めて!」とイ・デチャン(チャンのツブ貝店主)に言っていたチャン・ミジン(スヒョンの秘書)。

ですが、チャン・ミジン(スヒョンの秘書)は、だんだんイ・デチャン(チャンのツブ貝店主)のことが気になってきます。

イ・デチャン(チャンのツブ貝店主)は既に結婚する気でいるようです・・・。

⑤ジニョクとスヒョンの写真撮影デート

ジニョク(パク・ボゴム)はスヒョン(ソン・ヘギョ)を写真撮影デートに誘います。

ジニョク(パク・ボゴム)が束草(ソクチョ)へ転勤する際に自分のカメラをスヒョン(ソン・ヘギョ)に預けていたのです。

スヒョン(ソン・ヘギョ)の写真撮影技術が向上しているか確かめるジニョク(パク・ボゴム)。

そして、ジニョク(パク・ボゴム)はスヒョン(ソン・ヘギョ)に“ある物”を手渡します。

⑥スヒョンと面会するジニョクの父親ジャンス

息子・ジニョク(パク・ボゴム)のことを心配したジニョク(パク・ボゴム)の父親ジャンスはジニョク(パク・ボゴム)に黙ってスヒョン(ソン・ヘギョ)と面会します。

ジニョク(パク・ボゴム)の父親ジャンスがスヒョン(ソン・ヘギョ)に伝えたかったこととは?

⑦ジニョクに宣戦布告するチョン・ウソク

スヒョン(ソン・ヘギョ)を取り返そうとするチョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)がジニョク(パク・ボゴム)のもとを訪れます。

チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)は「“俺の女”の件で話しがある!」とジニョク(パク・ボゴム)に宣戦布告します。

第11話「幸せな僕の居場所」感想

チョン・ウソク(スヒョンの元夫でテギョングループ代表)が大攻勢をかけてきましたね。

何でそれを夫婦だった時にしなかったんですかね?

もはやジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)の間に割って入るなんてことは至難の業なんですが・・・。

ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)のイチャイチャぶりも見てる方が恥ずかしくなる程です。

ジニョク(パク・ボゴム)はスヒョン(ソン・ヘギョ)に永遠の愛まで誓っていますよ。

それだけ人を愛せるって素晴らしいです。

まさに「Love is all!(愛がすべて)」です。

それと、イ・デチャン(チャンのツブ貝店主)とチャン・ミジン(スヒョンの秘書)もいい感じになってきましたね!

居酒屋店主と一流企業の秘書という異色の組み合わせですが、2人の波長が結構合っている感じがします。

スヒョン(ソン・ヘギョ)の父親も娘・スヒョン(ソン・ヘギョ)のことを考えて、大統領になることを完全に諦めたようですね。

大統領夫人になることを悲願とするスヒョン(ソン・ヘギョ)の母親が黙っていない気もしますが・・・。

まだまだジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)の前には乗り越えるべき障壁が待ち構えていますが、何とか乗り越えていって欲しいですね!