韓国若手NO.1スター、パク・ボゴムと韓国トップ女優ソン・ヘギョ共演の「ボーイフレンド」は、今世紀最高のロマンティック・ラブストーリーと話題になっています。

今回はそんな「ボーイフレンド」第8話のあらすじと視聴した感想、見どころをネタバレを交えて詳しくお伝えしたいと思います。

「ボーイフレンド」スペシャルダイジェスト

「ボーイフレンド」の主な登場人物

キム・ジニョク(パク・ボゴム)
29歳、トンファホテル広報部の新入社員。トンファホテル代表のチャ・スヒョンとはハバナ(キューバ)での“旅の友”。
チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)
トンファホテルの代表。赤字のトンファホテルを業界1位に押し上げたやり手経営者。

第8話「初めてのキス」あらすじ

チェ理事の“だまし討ち”で束草(ソクチョ)トンファホテルへの異動が決まったジニョク(パク・ボゴム)。

スヒョン(ソン・ヘギョ)は、不当人事を撤回しようとしたが、ジニョク(パク・ボゴム)は「それは特別扱いだ。」と固辞した。

ジニョク(パク・ボゴム)は、自分が束草(ソクチョ)へ行ってこそ「スヒョン(ソン・ヘギョ)がトンファホテルを守り、自分がスヒョン(ソン・ヘギョ)を守れる」と考えたのだ。

ジニョク(パク・ボゴム)が束草(ソクチョ)へ出発する前日、ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)は、2人だけの送別会を開いた。

2人だけの送別会でジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)は、お互いの愛を確かめ合うのだった。

ジニョク(パク・ボゴム)が束草(ソクチョ)トンファホテルへ異動した数日後、トンファホテル(ソウル本社)では、年越しイベントの「仮面舞踏会」が開催されようとしていた。

「企画した張本人がいない・・・。」と嘆くナム室長(スヒョンの運転手)。

年越しイベントの「仮面舞踏会」は、もともとジニョク(パク・ボゴム)が企画したイベントだったのだ。

「仮面舞踏会」の準備が進む会場で“妙案”を思いついたナム室長は、急いで束草(ソクチョ)トンファホテルへ向かうのだった。

ナム室長(スヒョンの運転手)が考え出した妙案とは?

第8話「初めてのキス」見どころ

①チェ理事に二者択一を迫るスヒョン

自らの留守中にジニョク(パク・ボゴム)の異動を行ったチェ理事を呼び出したスヒョン(ソン・ヘギョ)。

スヒョン(ソン・ヘギョ)は、チェ理事に究極の二者択一を迫ります。

②2人だけの送別会

束草(ソクチョ)への異動が決まったジニョク(パク・ボゴム)は、スヒョン(ソン・ヘギョ)と2人だけの送別会をします。

ソウル郊外の「風吹く良き場所」を訪れたジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)。

ジニョク(パク・ボゴム)は、スヒョン(ソン・ヘギョ)に3つの秘密を告白します。

3つ目の秘密に注目です。

③婚活アプリで知り合った2人

ジニョク(パク・ボゴム)の弟・ジンミョンにそそのかされて(?)婚活アプリに登録したイ・デチャン(居酒屋「チャンのツブ貝」店主)。

イ・デチャン(居酒屋「チャンのツブ貝」店主)が婚活アプリで知り合った女性と高級レストランで初めて会うことになります。

高級レストランに現れた女性は・・・。

④明らかになったチョン・ウソクの本心

スヒョン(ソン・ヘギョ)の元夫チョン・ウソク(テギョングループ・社長)の本心が明らかになります。

チョン・ウソク(テギョングループ・社長)がスヒョン(ソン・ヘギョ)と別れた本当の理由とは?

⑤ナム室長の妙案

年越しイベントの「仮面舞踏会」の準備が着々と進むトンファホテル(本社)。

「企画者であるジニョク(パク・ボゴム)がなぜ不在なんだ?」と嘆いたナム室長(スヒョンの運転手)は妙案を思いつきます。

ナム室長(スヒョンの運転手)が考えた妙案とは?

⑥初めてのキス

サプライズでスヒョン(ソン・ヘギョ)を連れ出したジニョク(パク・ボゴム)。

ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)が初めてのキスを交わします。

ロマンチックで感動的なシーンです。

第8話「初めてのキス」感想

いや~ナム室長(スヒョンの運転手)、超ファインプレーでしたねぇ~。

それと、何ともコミカルで笑わせえてくれます。

「ボーイフレンド」がぜん盛り上がってきました。

燃え上がるジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)の愛ですが、順風満帆とはいかないのがドラマの常道です(苦笑)。

これから一山も二山もあるのでしょう。

ジニョク(パク・ボゴム)とスヒョン(ソン・ヘギョ)が障害をどう乗り越えていくのか見ものですね!

それと、イ・デチャン(居酒屋「チャンのツブ貝」店主)とチャン・ミジン(スヒョンの秘書)、広報部のキム部長とナム室長(スヒョンの運転手)の仲も気になります。

チョン・ウソク(テギョングループ・社長)がスヒョン(ソン・ヘギョ)と離婚した理由もはっきりしました。

チョン・ウソク(テギョングループ・社長)も不器用ですね。

ストレートにスヒョン(ソン・ヘギョ)に気持ちを伝えていれば、違う展開になっていたかもしれないのに。